ここから本文です

清原和博氏、芸能人の薬物逮捕「気が引き締まる」 戒めに身の回りに逮捕当時のモノを

2019/12/1(日) 23:56配信

デイリースポーツ

 西武や巨人などでプレーした清原和博氏(52)が1日放送のフジテレビ系「ミスターサンデー」にVTR出演し、自身の薬物治療について語った。

【写真】清原氏が号泣、野球教室でサプライズの連続

 清原氏はMCを務める宮根誠司からのインタビューに応じた。その中で、自宅の中の見える場所に逮捕当時の“思い出のモノ”を置いていることを明かした。留置場の中に唯一持ち込むことができたハンカチは今でもテーブルの上に置いてあるといい、逮捕された際に着ていたグレーのシャツも部屋に飾っているという。それはすべて「あのときのことを忘れてはいけない」と、2度と薬物に手を出さないという戒めにしているのだという。

 再犯率が極めて高いともいわれる薬物。最近でも薬物からの脱却を目指していた田代まさし容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕され、女優の沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反で逮捕された。清原氏は自身について「今そういうものには一切関わっていない」とした上で、「『本当に恐ろしいものなんだ』とそういう報道を見て、逆に気が引き締まる」と薬物依存からの脱却への決意を示した。

 清原氏はこの日、八王子市内で開催された野球教室に盟友の元横浜の佐々木主浩氏らと参加した。

 清原氏は16年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、同5月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。

最終更新:2019/12/2(月) 0:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事