ここから本文です

正統派アイドル・スリジエ3期生募集 14歳のメンバー・桜井音「未経験でも迷わずに応募してみてください」

2019/12/1(日) 10:29配信

デビュー

 ケツメイシなど数多くのアーティストを手がけた音楽プロデューサー・YANAGIMANが楽曲を提供、原宿発の人気ブランド「PINK-latte」が衣装をプロデュース、さらにモデルとして『tulle』『LARME』『Ray』などの雑誌に出演、映画主演を果たすなど、アイドル活動をしながらさまざまなジャンルで活動する正統派アイドル・スリジエ。2018年11月23日にはZepp Divercity Tokyoにて1stワンマンライブ、2019年7月15日には品川ステラボールにて2ndワンマンライブを成功させ、着実にステップを駆けあがっているスリジエは、現在3期生オーディションの募集を行っている。そこでオーディション情報サイト「デビュー」は、スリジエのメンバー・桜井音にインタビュー。所属のきっかけから、スリジエでの自身の成長、今後の活動への意気込みについて話を聞いた。

【写真】スリジエのメンバー・桜井音

■スリジエメンバー/桜井音インタビュー

――芸能界を目指したきっかけ、スリジエに応募したきっかけは?

【桜井 音】「小学校5年生の時、授業で将来の夢を発表する機会があったんですけど、将来の夢が思いつかなくて悩んでいたんです。そんなとき、ふとテレビの音楽番組で乃木坂46さんを観て、芸能界の方々のキラキラしたところを見て、自然と笑顔になることができたので、私もたくさんの方を笑顔にできる人になりたいと思ったのがきっかけです。元々モデルのお仕事にも憧れていたので、スリジエではモデルもできると書いてあったので応募しました」

――スリジエに加入してから、これまでの活動で印象に残っていることは?

【桜井音】「去年の11月23日に行われたZepp Divercity Tokyoでのワンマンが一番印象に残っています。デビューから1年経っていなかったので、まさかこんなに早くワンマンライブができるなんて全然思ってもいなくて。想像以上にたくさんのお客さんに足を運んでいただいたので、すごいサイリウムの数でした。カラフルな景色がすごく綺麗で、いつもの定期公演とは違った雰囲気のライブだったので、今でもその感覚が残っています」

――スリジエの活動のなかで成長できたことを教えてください。

【桜井音】「スリジエはダンスや歌が上手なメンバーがたくさんいて、そのなかで未経験の状態だった私は、全然追いつくことができなくて悔しい思いもしました。そこから毎日追いつくことができるように、努力する気持ちが日に日に強くなっていったので、努力をするという気持ちが成長したかなって思います。最初はダンスや歌に苦手意識があって、ライブを楽しむことがあまりできていなかったんですが、自信がついた今はライブが楽しくなりました」

――スリジエメンバーの山本あこさん、青葉桃花さん、霞もかさんに「桜井音さんってどんな子」なのか聞いてみましょう。

【山本あこ】「めっちゃしっかりしています!」

【青葉桃花】「真面目です!」

【霞もか】「本当にスリジエ一の真面目です。SNSでの告知もすごく丁寧に書いてあって」

【山本あこ】「私とあんまり年が変わらないんですけど、言葉遣いが全部丁寧で。なんでこの子はこんなにできているんだろうって思います」

【青葉桃花】「何歳だっけ、14歳? 私の14歳の時とは全然違います! ホントにしっかりしているので、信頼して任せられます」

――グループが始動してからもうすぐ丸2年が経ちます。グループとして達成したい夢、そして個人として実現したいことを教えてください。

【桜井音】「グループのワンマンライブ以外でも、大きな会場でライブをしたいと思っています。個人としてはモデルのお仕事が夢なので、ファッション雑誌のモデルさんになれるように頑張ります」

――これから応募しようと思っている人に向けて、エールをお願いします。

【桜井音】「私も、初めは何もわからないし、何もできない状態で入りました。今、“自分なんかがオーディションを受けていいのかな”って思っている方にも、自信を持って迷わずにオーディションを受けていただけたらいいなと思います」

 なお、スリジエの第3期生オーディションは現在エントリーを受付中。応募資格は8歳から26歳までの女性。合格者はスリジエメンバーとして大型ホールでのワンマンライブや常設劇場での定期ライブに出演できるほか、『Ray』『JSガール』などのファッション誌にモデル出演、メンバー主演映画に出演、声優としての出演などの可能性がある。応募方法はオーディション情報サイトデビューに掲載中。

最終更新:2019/12/1(日) 10:29
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事