ここから本文です

【みんなの反省会】チャンピオンズC~スタートで終わりましたby津田TM

12/1(日) 22:06配信

サンケイスポーツ

デスク ダートの最強王決定戦「チャンピオンズカップ」(GI、中京)は、単勝2番人気の3歳馬クリソベリルがゴール前で力強く抜け出して優勝。デビューから無傷の6連勝で頂点に立った。現場の津田照之トラックマン(TM)、どうだった?

津田TM 逃げたインティの後ろでインコースをロスなく立ち回りました。最後の直線に向くと、先行したテーオーエナジー、ロンドンタウンの順でバテたぶん、この馬のスペースができ、最後はインティとゴールドドリームの間を割って、力強く伸びて差し切りました。強かったです。

デスク 過去5戦で2着馬につけた差は7、7、5、3、4馬身。さすがに年長馬の一線級相手ではクビ差勝ちだったが、相当な器だろうな。

津田TM 馬体重はプラス10キロでしたが、太い感じはなかったです。年長馬相手でも別格というか、胸前の感じなんかすごい迫力。今後どうなるんだろうと思いますよね。

デスク 君の印は対抗(○)だったけど、音無調教師からいい話を聞き込んでいたよな。土曜版の競馬エイトのコラムで披露してくれていたあれ、すごく参考になった。

津田TM それで本命(◎)にしていないのはどうなの? っていうのはありますが、それ以上に興味をそそられた馬がいて…。

デスク 同じ3歳馬のワイドファラオ(9番人気)だな。14着とは…。

津田TM 前走のみやこS(5着)が前が壁になって、そこから盛り返したのを評価しました。だけど、スタートで終わりました。バランスを崩してしまって…。前へ行ってこそなので、どうしようもないです。いまでも読み自体は間違いなかったと思っています。やれる下地はある。トモ(後肢)がパンとしたらまだよくなりますよ。

デスク 2着は1番人気のゴールドドリームか。

津田TM スタートを決めてクリソベリルのすぐ後ろでレースを進め、4コーナーを回るとスッと前にスペースができて、待ってましたとばかりにラストまでしっかりと伸びました。完璧なレースをしましたが、相手が強かったです。

デスク 3着に逃げ粘ったインティ(3番人気)は、やはりハナに行った方が持ち味が出るかな?

津田TM 道中も絡まれることなく終始マイペース。その後、直線半ばで一旦、後続を突き放しましたが、ラスト100メートルで脚いろが鈍りました。勝ったフェブラリーSと同じような競馬でしたが、あのときは1600メートルで今回は1800メートル。その分、差されたという感じです。

デスク 結果として人気馬が上位を固めた。

津田TM 先行してインコースで立ち回った馬しかこないレースでしたから。先行馬が人気馬で、差し馬が人気薄だとこのペースではこうなるということです。

最終更新:12/1(日) 22:06
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事