ここから本文です

2回目のマラソンで、2時間7分57秒。“BIG4”に隠れた逸材、藤本拓が秘める可能性

12/1(日) 6:03配信

テレ朝POST

今日12月1日(日)に開催される「福岡国際マラソン」。

9月に行われた2020年東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」では、1位・中村匠吾、2位・服部勇馬が東京五輪の内定を決めたが、今大会はその出場権残り1枠をかけた「MGCファイナルチャレンジ」の第1戦となる。

3月の「東京マラソン」、「びわ湖毎日マラソン」を含む3大会の「MGCファイナルチャレンジ」で、“2時間5分49秒”の記録突破が五輪内定の条件となっており、同条件を満たす選手がいない場合は、「MGC」で3位だった大迫傑の内定が決まる。

今大会、その記録突破が期待されるのが、藤本拓(30)だ。

「MGC」は2時間13分58秒で9位だったが、自己ベストは2時間7分57秒。しかも、この自己ベストをマークした「シカゴマラソン」は、なんと自身2度目となるマラソンだったというから驚きだ。

「MGC」前、大迫傑・設楽悠太・服部勇馬・井上大仁のビッグ4に迫る、スピードランナーとして密かに注目を集めていた彼は一体何者なのか――。

高校卒業後は「働こうかなと思っていた」

藤本が陸上を始めたのは小学生の時。その後、高校まで陸上を続けるも、大学進学は考えていなかったという。

「社会人として働こうかなと思っていたのですが、高校の監督から大学で陸上やったほうがいいと言ってくださって、続けることにしました」(藤本)

恩師の助言もあって、藤本は国士舘大学に入学。トラック種目を中心にレースに出場していた。

春季トラックシーズンのビッグレース、「関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ1部)」では、5000mで2連覇。4年のときには、大迫も出場する中、僅差で競り勝った。

「トラックの面白さにのめり込んだ」と、マラソンに挑戦することは考えていなかったが、社会人になって挑戦したハーフマラソンで、“長距離の適性”を感じるようになった。

「誰かの後ろについた時に、すごく楽に感じました。周りからは、スピードタイプとか、短距離の方が適性があると言われていたのですが、僕自身は長い距離の方が適性あるのかなと。

そのあたりから、マラソンを目指してみようかなという風に思い始めました」(藤本)

初マラソンに挑戦したのは、18年3月の「琵琶湖毎日マラソン」。このときの記録は、2時間15分30秒だったが、7か月後の「シカゴマラソン」では2時間7分57秒。

つまり初挑戦から7か月、2度目のマラソンでなんと7分以上自己ベストを更新したのだ。

しかも、日本と大きく環境が変わる海外レースは、不慣れな選手には難しい部分も多い中での、驚異的な記録の更新だった。

1/2ページ

最終更新:12/1(日) 6:03
テレ朝POST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事