ここから本文です

次の駅までが最安「じゃない」相鉄・JR直通線 羽沢横浜国大駅の謎 どうなってるのか?

2019/12/1(日) 11:04配信

乗りものニュース

実は鶴見駅を通っている

 2019年11月30日(土)、相鉄線とJR線の相互直通運転が開始。相鉄線の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)とJR線の武蔵小杉駅(川崎市中原区)のあいだに「新ルート」が設けられ、おもに相鉄線からJR新宿方面に直通する列車が走ります。

【図】運賃表の案内イメージと実際の走行ルート

 この「新ルート」の途中に、羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)が新設されました。同駅に設置された運賃案内図を見ると、「隣」の武蔵小杉駅までの運賃(大人、紙のきっぷの場合)は310円です。ところが、「新ルート」から外れていて、武蔵小杉駅や横浜駅で乗り換えないとたどり着けない鶴見駅(横浜市鶴見区)は170円。武蔵小杉駅より安いのです。

「新ルート」は西谷~羽沢横浜国大間に「相鉄・JR直通線」という相鉄の新線が整備されましたが、羽沢横浜国大~武蔵小杉間は、昔からあった鶴見駅経由のJR貨物線に乗り入れます。つまり、相鉄線方面からやってきた新宿行きの直通列車は、鶴見駅を通ってから武蔵小杉駅に停車することになります。羽沢横浜国大駅からの距離は、鶴見駅が8.8kmなのに対し、武蔵小杉駅は16.6km。実際は鶴見駅のほうが近いため、運賃も同駅のほうが安くなるのです。

 ただ、直通列車は鶴見駅を通過します。旅客が乗り降りするためのホームが、「新ルート」である貨物線に設置されておらず、そもそも停車できません。そのため、駅の運賃案内図では鶴見駅を通らないよう描かれており、鶴見駅のほうが武蔵小杉駅より遠い駅のように見える「逆転現象」が起こりました。

 ちなみに、横須賀線や湘南新宿ラインの電車も、鶴見駅を通るものの停車しないため、案内図では武蔵小杉~横浜間を直接結んでいるように描かれることがあります。

鶴見駅に「停車」する日は来る?

 直通列車が通過する以上、羽沢横浜国大駅から鶴見駅へは1本の列車で移動できません。たとえば、武蔵小杉駅で横浜方面に向かう横須賀線や湘南新宿ラインの電車に乗り換え、横浜駅でさらに東京方面に向かう京浜東北線の電車に乗り換える必要があります。

 この場合、鶴見~武蔵小杉間と鶴見~横浜間を重複して利用するため、羽沢横浜国大→武蔵小杉(310円)と武蔵小杉→横浜(220円)、横浜→鶴見(170円)の片道乗車券3枚が必要なように思えます。しかしJR東日本によると、羽沢横浜国大→武蔵小杉→横浜→鶴見のルートで乗り継ぐ場合は特例が適用されるため、最短経路の片道乗車券1枚(170円)で済みます。

 ところで、鶴見駅の線路でホームがないのは貨物線だけではありません。東海道線や横須賀線、湘南新宿ラインの電車が通る線路にもホームはなく、同駅に停車するのは京浜東北線と鶴見線の電車だけです。

 そのため神奈川県や横浜市は、東海道線や横須賀線の電車を鶴見駅に停車させてほしいとJR東日本に要望。相鉄・JR直通線の計画が浮上してからは、貨物線へのホーム新設も要望しています。実現すれば、羽沢横浜国大~鶴見間の所要時間は大幅に短縮されます。

 横浜市によると、JR東日本は「(ホームの増設は)地元負担が前提」との見解を示しています。しかし、ホームを設置するためのスペースは確保されておらず、事業費は膨大な額になるでしょう。自治体の財政次第ですが、実現までには相当な時間がかかると思われます。

草町義和(鉄道ライター)

最終更新:2019/12/1(日) 14:01
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事