ここから本文です

ジャスティン&ヘイリー・ビーバーのウエディング総まとめ

2019/12/1(日) 23:30配信

ELLE ONLINE

まるで嵐のような婚約発表から3カ月後の2018年9月、ヘイリーとジャスティンはマンハッタンの裁判所にて 誓約を交わし、その後すぐヘイリーは「ビーバー」の苗字を名乗ることに。その1年後の現在、ビーバー夫妻は家族や友人の前に立ち、誓いの言葉を交わした。世界中が注目した彼らのウエディングを総ざらいしてみよう!

どこで結婚式を挙げたの?

ふたりはサウスカロライナ州にあるモンタージュパルメットブラフホテルを予約。ホテルの多くの施設の中でも、特にサマセットチャペルに惹かれたに違いない。『ザ・サン』誌は、ウィルソンボールルームで結婚披露宴とディナーに出席する前に、ふたりはゲストとカクテルを楽しんだと報じている。

GETTY IMAGES いつ結婚したの?

2018年9月に正式に結婚したと報道されているため、結婚記念日はその日になるが、家族や友人に向けたグランドセレモニーは、2019年9月30日に開かれた。『デイリーメール』によると、ウエディングの前日、ふたりはお気に入りの映画である『きみに読む物語』をスクリーンに映し、スリープオーバーを開催して愛する人たちと共に過ごしたそう。

さらに、ふたりはゲームやダンスパーティー、ボーリングなどを企画し、カーニバルをテーマにしたプレウエディングパーティーを開き、ゲストはそこでアイスやスイーツを楽しんだと報道されている。

ふたりは何を着た?

ヘイリーは、リハーサルディナーに「ヴィヴィアン・ウエストウッド」にオーダーしたオフショルダーミニドレスと、「ジミーチュウ」のサンダルをあわせて登場。

「ヴィヴィアン・ウエストウッド」によると、花嫁のドレスはオーガニック、エコフレンドリー、動物実験を行わないクルーエルティ・フリーで、しかも蚕が繭を飛び出し蝶になってから生成されたシルクを使ったものだそう。

人生の一大イベントの日 、ヘイリーは「オフホワイト」のデザイナーで友人でもあるヴァージル・アブローが、ヘイリーのために特別にデザインしたウエディングドレスに身を包んだ。オフショルダーにレースのロングスリーブ、アップリケや真珠の花で装飾されたドレスは、大きく開いた背中が特徴的。「TILL DEATH DO US PART(死がふたりを分かつまで)」と刺繍された印象的な長いベールもあわせてスタイリングされている。

「ルイ・ヴィトン」のメンズウェアのアートディレクターでもあるヴァージルは、「ヘイリー・ビーバーにウエディングドレスのデザインをしないかと聞かれたら、もちろん答えはYES。今までもこれからも愛してるよふたりとも」と自身のインスタグラムに投稿。

また、ヘイリーは夫ジャスティンにキスしたゴージャスな写真に「月曜日は私の人生で一番スペシャルな日だった」とインスタグラムでシェアしており、すでに現在までに300万以上のいいね!がついている。

1/3ページ

最終更新:2019/12/1(日) 23:30
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事