ここから本文です

ヘンクが伊東純也の買取オプション行使へ…昨季リーグ制覇に貢献、今季は全公式戦に出場

12/1(日) 12:09配信

GOAL

2020年3月以降に完全移籍発表へ

ヘンクが伊東純也の買い取りオプションを行使するようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が伝えている。

今冬に柏レイソルから1年半の期限付きでベルギー・ジュピラーリーグのヘンクに加入した伊東。海外初挑戦ということもあり、移籍当初はやや懐疑的な声が囁かれていたが、昨シーズンにはリーグ戦13試合に出場して3ゴールをマークするなど、リーグ優勝を成し遂げたチームに大きく貢献した。

今シーズンは、ここまでチャンピオンズリーグ全5試合での先発出場をはじめ、公式戦23試合に出場するも、チームの不振とともに伊東自身もやや低調なパフォーマンスが続いていた。しかし、11月にハンネス・ヴォルフ監督が就任して以降、日本代表MFの調子も上向きだ。

チームにとって欠かせない選手になりつつある伊東だが、ヘンクとの契約は今シーズンいっぱいで終了する。しかし、『Het Laatste Nieuws』によると、クラブは同選手の残留を求めており、買い取りオプションを行使することをすでに決めた様子。そして、2020年3月以降に完全移籍を発表することになるようだ。

同メディアは最後に「日本人選手は来シーズンもヘンクでプレーすることになりそうだ」と綴っている。

最終更新:12/1(日) 12:09
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事