ここから本文です

週間天気予報 週明けの雨の後は冬らしい寒さに

12/1(日) 6:57配信

ウェザーニュース

 明日12月2日(月)にかけて日本列島の広範囲で雨が降る予想です。その後は冬型の気圧配置となり、北日本を中心に雪が降ります。雨の後は再び冬の寒さとなるため、寒さ対策が必須です。

 ■この先1週間のポイント■
・週明けは雨 寒さは緩む
・雨の後は冬型の気圧配置に
・次の週末は南岸低気圧の動向に注目

週明けは雨 寒さは緩む

 前線を伴った低気圧が日本海を北東に進み、明日12月2日(月)にかけて日本列島の広範囲で雨が降る予想です。大気の状態が不安定となるため、前線の通過時は強い雨や、強風、落雷等に注意が必要です。

 この低気圧が南西から暖かな空気を引き込むため、週明けは各地とも寒さが緩む予想です。

 北海道でも雪ではなく雨が降る可能性があるため、融雪による冠水などにも注意が必要です。

雨の後は冬型の気圧配置に

 低気圧が通過した後は、12月5日(木)頃にかけて西高東低の冬型の気圧配置となります。

 オホーツク海付近で低気圧発達するため強い寒気が流れ込み、北海道では大雪や吹雪の荒れた天気となるおそれがあります。その他の日本海側の地域でも曇りや雪または雨の降る日が続く予想です。

 太平洋側の各地では晴れる所が多くなりますが、雨の後は再び12月らしい寒さとなるため寒さ対策が必須となります。

次の週末は南岸低気圧の動向に注目

 週末の12月6日(金)から7日(土)にかけては本州の南を低気圧が東へ進む可能性があります。

 このような低気圧は「南岸低気圧」と呼ばれ、普段であれば雪の降りづらい西日本や東日本の太平洋側に雪を降らせる場合があるため、注目が必要となります。

 ただ現時点では、陸地からかなり離れた所を進む可能性が高く、雨や雪の降る可能性は少ないとみています。

 若干のコースの違いで影響が変わるため、この先も最新の気象情報にご注目ください。

ウェザーニュース

最終更新:12/1(日) 7:24
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事