ここから本文です

「財政破綻が不安」と言いながら日本国債を買う人がいる。その理由とは?

2019/12/1(日) 20:15配信

LIMO

財政破綻を心配している人は多いですが、そうした人の中にも日本国債を買っている投資家は大勢います。その理由について久留米大学商学部の塚崎公義教授が解説します。

財政の破綻を心配している人は多い

日本政府の財政収支は大幅な赤字を続けていて、政府の抱える借金は巨額に上っています。そこで、日本政府は将来は破産する(財政は破綻する)と考えている人は大勢います。

筆者は心配していないのですが、それは置いておくとして、心配している人の中にも日本国債を買っている人は大勢います。普通に考えれば、多くの人が財政破綻を心配するような国の国債がマイナス金利で取引されているのは不思議なことですが、それが日本では起きているのです。では、なぜ彼らは日本国債を買っているのでしょうか。

投資家たちは、「明日までは大丈夫だろう」「他の投資家も買うから大丈夫だろう」「資産と負債が両建てなら安心だ」と考えて買っているのでしょう。以下、順に見て行きましょう。

明日以降のことは明日考えよう

手元に現金を持っている投資家は、「明日以降のことは明日考えるとして、今日は何をしようか」と考えるはずです。日本国債を買わないとすると、選択肢は限られます。

現金で持っていると大きな金庫が必要ですし、強盗のリスクもあります。メガバンクに預金したとしても、日本政府が破産する時にはメガバンクも一蓮托生でしょう。

そうなると、円を米ドルに替えてドルを持つしか残っていませんが、それには為替リスクがあります。

「明日までに日本政府が破産する可能性」と「明日までにドル安円高になって為替差損が発生するリスク」を比べれば、明らかに前者の方が小さいでしょう。それならば、日本国債を持つインセンティブとしては十分です。

実際には、ドルが値上がりして儲かる可能性もあるのですが、投資家たちはリスクを嫌う人が多いので、「儲かるか損するか五分五分ならば、ドルには投資しない」ということで日本国債を選ぶ人が多いのです。

こうして投資家たちは、「とりあえず国債を買って明日まで持っていよう。明日のことは、明日考えよう」という行動を取ります。明日も明後日も、同じ行動を取るでしょう。したがって、結局ずっと日本国債を持っている、というわけです。

社債であれば、金利が低くて倒産可能性が高い会社の社債を好き好んで持つ投資家はいません。国債購入という代替手段があるからです。しかし、国債には「為替リスクなしに使える代替手段」が無いので、消去法的に国債が買われるのです。

1/3ページ

最終更新:2019/12/1(日) 22:35
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事