ここから本文です

「財政破綻が不安」と言いながら日本国債を買う人がいる。その理由とは?

2019/12/1(日) 20:15配信

LIMO

他の投資家も買うだろうから大丈夫だろう

投資家は考えます。「自分は、いろいろ考えて日本国債を購入した。他の投資家も、同様に行動するだろう。それなら、しばらくは日本政府は破産しないだろう」と。

借り手が破産するか否かは、借り手の借金が多いか否かによるのではなく、借り手の資金繰りが回るか否かによります。

したがって、いくら借金が多くても、皆が喜んで(消去法的であっても自発的に)金を貸してくれるのであれば、政府が破産することはないのです。

あとは、他の投資家がいつまで政府に金を貸し続けるのか、ということですが、「少なくとも当分の間は大丈夫そうだ」と皆が感じるならば、少なくとも当面は大丈夫になるでしょう。

「当面は大丈夫」が永遠に繰り返されれば、永遠に破産しないわけです。これは、筆者が政府は破産しないと考える根拠の重要な一つです。

ハイパーインフレは気にしない、という投資家も多い

「日本国債は、いざという時に日本銀行が買ってくれるから安心だ」と考えている投資家もいるでしょうが、そうした人は「その時には超インフレになるはずだ」ということを心配するのが普通です。超インフレになれば、日銀券は紙くず同様になってしまうからです。

しかし、投資家の中には、超インフレを気にしない人も大勢います。たとえば銀行預金を預かって国債を購入している銀行は、国債を日銀が買い取ってくれて、紙幣を受け取ったら、それをそのまま預金者に渡せば良いので、紙幣が紙くずになろうと関係ありません。

そこまで割り切って考えるならば、日本国債はかなり安全な投資対象です。日本政府が破産することは考えにくく、最後の最後は政府が日銀から現金を借りてきて、それで国債を償還することで破産を免れることになるのでしょうから。

それがハイパーインフレを招く「禁じ手」であるとしても、他に手段が無い場合には、「破産するよりマシ」という最後の手段として用いられるはずです。そう考えることにより、銀行等は国債を買うリスクを感じずに済むようになるのです。

2/3ページ

最終更新:2019/12/1(日) 22:35
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事