ここから本文です

キャズム、サピエンス全史……バイナンスCEOの「休日に読むべき本10選」

2019/12/1(日) 8:01配信

CoinDesk Japan

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスのCEO、CZことジャオ・チャンポン氏が休日に読みたい本10冊のリストをブログで公開した。

ブログでは、中にはページ数が多く読むのが大変な本もあるが、オーディオブックを聴いてみてはどうかという提案もしている。年末年始の休暇中に手にとってみてはいかがだろうか。

1 『Blitzscaling: The Lightning-Fast Path to Building Massively Valuable Companies』

LinkedInの創業者でベンチャー投資家として知られるリード・ホフマン氏がクリス・イェー氏と共に著した本書。“Blitz”とは「電撃的な」といった意味合い。企業の価値を短期間で急激に高めるための考え方がまとめられており、ビル・ゲイツ氏のほか、Airbnbのブライアン・チェスキー氏、Facebook初の女性役員となったシェリル・サンドバーグ氏らも推薦の言葉を寄せている。

CZもバイナンスの拡大に役に立ったとしたほか、暗号資産のような最近のトピックにも対応していると評価した。

Amazonはこちらから

2 『Crossing the Chasm』

『キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論』という邦訳もある本書では、マーケティング理論のである「キャズム理論」について解説されている。キャズムとは「溝」といった意味で、スタートアップなどが新しい商品や技術を浸透させるうえで、初期には成功しても発展・伸長の段階でさまざまな障害から陥りがちな溝のことを意味する。本書では、キャズムを越えたサービスや製品の例として、無線LANや3Dプリンター、SNS、ハイブリッド自動車、スマホなどが取り上げられている。

CZは「本書は世界中にバイナンスについて伝える上で、自分のメッセージを磨くのに役立った」としている。

Amazonはこちらから

3 『Team Topologies: Organizing Business and Technology Teams for Fast Flow』

2019年9月に刊行されたばかりの本書。位相幾何学と訳される“Topology”(トポロジー)とは「位置の学問」。何らかの形を変形させても保たれる性質にフォーカスしたもので、企業における組織の作り方について考察した一冊。CZは「本書はチームで働く人、チームリーダー、リーダー志望者すべてにとって必読の書」と評価している。

Amazonはこちらから

1/2ページ

最終更新:2019/12/1(日) 20:13
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事