ここから本文です

【ラ・リーガ注目プレビュー】ロヒブランコの新旧7番に注目集まるリーガ屈指のビッグマッチ!《アトレティコvsバルセロナ》

2019/12/1(日) 14:00配信

超WORLDサッカー!

ラ・リーガ第15節、アトレティコ・マドリーvsバルセロナが日本時間12月1日29:00にワンダ・メトロポリターノでキックオフされる。4位のアトレティコ(勝ち点25)と、首位のバルセロナ(勝ち点28)による、ロヒブランコの新旧7番に注目集まるリーガ屈指のビッグマッチだ。

今季ここまで14試合16ゴールと得点力不足が響きリーグ最多タイの7引き分けと勝ち切れない状況が続くアトレティコ。前節のグラナダ戦ではDFロージの初ゴールで先制も直後に追いつかれた末、最後まで2点目を奪えずにドロー。また、チャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦では試合内容は上々も決定力不足に泣き0-1の惜敗で公式戦2試合未勝利となった。難敵相手のビッグマッチに向けては課題の得点力不足改善に加え、直近の公式戦6試合連続失点中の守備の改善も必須だ。

一方、守備や中盤の構成力に課題もリーグ最多35ゴールの攻撃力を武器に1試合未消化ながら首位に立つバルセロナ。前節は最下位のレガネスに先制を許す厳しい展開も、セットプレー2発で試合を引っくり返してリーグ2連勝。さらに、CLドルトムント戦では今季最高の前半を披露し、FWメッシ、FWスアレス、FWグリーズマンの“MSG”揃い踏みで3-1の快勝を収めてグループ首位通過を決定。最高の状態でマドリードに乗り込む。

なお、アトレティコは2013-14シーズンと2015-16シーズンのCLで勝利しているものの、リーグ戦ではシメオネ監督が2011年12月に就任して以降、10敗5分けと一度もバルセロナに勝利したことがない。昨シーズンの対戦ではアトレティコホームが1-1のドロー、バルセロナホームが2-0でバルセロナの勝利で終わっていた。

◆アトレティコ・マドリー◆
【4-4-2】
▽アトレティコ・マドリー予想スタメン

GK:オブラク
DF:トリッピアー、フェリペ、エルモソ、ロージ
MF:サウール、エレーラ、トーマス、コケ
FW:コレア、モラタ
負傷者:DFヴルサリコ、ヒメネス、サビッチ、FWジエゴ・コスタ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはヴルサリコ、サビッチ、ジエゴ・コスタ、ヒメネスの4選手の欠場が決定している。

スタメンに関してはレマルやビトロ、フェリックスをサイドに置く、より攻撃的な形も考えられるが、中盤に4人のピボーテを並べるユベントス戦と同じ並びを予想。モラタの相棒についてはビトロ、フェリックスではなく攻守両面で戦えるコレアの起用の可能性が高そうだ。

◆バルセロナ◆
【4-3-3】
▽バルセロナ予想スタメン

GK:テア・シュテーゲン
DF:セルジ・ロベルト、ピケ、ラングレ、ジュニオル・フィルポ
MF:ビダル、F・デ・ヨング、アルトゥール
FWメッシ、スアレス、グリーズマン
負傷者:DFセメド、ジョルディ・アルバ、FWデンベレ
出場停止者:MFブスケッツ

累積警告によってブスケッツが出場停止となる。負傷者に関してはセメド、ジョルディ・アルバの両サイドバックの主力に加え、直近のドルトムント戦で負傷したデンベレが欠場となる。

ブスケッツの欠場を受け、F・デ・ヨングあるいはラキティッチがピボーテで起用される見込みだ。そして、インテリオールにはビッグマッチで存在感を放つビダル、ここ数試合出場機会が減っているアルトゥールの起用を予想。前線はアンス・ファティの抜擢も考えられるが、ドルトムント戦で結果を残したグリーズマンの起用が濃厚だ。

★注目選手
◆アトレティコ・マドリー:FWジョアン・フェリックス

アトレティコの注目プレーヤーはロヒブランコの新7番だ。グリーズマンの後釜として今夏にクラブ史上最高額の1億2600万ユーロで加入したフェリックス。プレシーズン、開幕直後はそのポテンシャルを遺憾なく発揮してきたが、以降はケガによる離脱もあり、ここまで公式戦13試合3ゴール1アシストとやや壁にぶつかっている印象だ。

それでも、直近のユベントス戦では難敵相手に積極的な仕掛けでチャンスを演出するなど、コンディションは悪くない。今回の試合では守勢の展開が予想されるため、守備面の問題でサイドハーフでの起用はなさそうだ。そのため、カウンターのけん引役として2トップの一角で先発か、流れを変えるジョーカーの役割が与えられる可能性が高い。その中で決定的な仕事を果たし、ピッチ上で対峙する旧7番の幻影を振り払いたい。

◆バルセロナ:FWアントワーヌ・グリーズマン

バルセロナの注目プレーヤーは古巣初対戦となるロヒブランコの旧7番だ。退団濃厚と見られた昨夏の残留でサポーターの心を掴んだかに思われたが、大幅なサラリーアップがクラブ財政を圧迫し、今夏には物議を醸す別れ方でバルセロナに新天地を求めたグリーズマン。在籍期間に残してきた成績を考えれば、間違いなくレジェンドの1人に数えられるが、今ではすっかり裏切り者のレッテルを貼られている。そして、ワンダ・メトロポリターノ初帰還となるこの一戦では古巣サポーターからの“熱烈な”歓迎が待っているはずだ。

バルセロナでは今季ここまで公式戦17試合5ゴール3アシストと、慣れない左ウイングでの起用や周囲との連携の問題もあり、適応に苦しんでいる。リーグ戦では4試合連続でノーゴールとなっているが、直近のドルトムント戦では今季CL初ゴールを記録しており、良い感覚をもって古巣対戦に臨めるはずだ。スタメン予想の相手ディフェンスラインとは初顔合わせになるが、古巣のやり方を熟知しているだけに堅守攻略の急先鋒となりたい。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/1(日) 14:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事