ここから本文です

「リスクを冒すしかなかった」とフェラーリF1代表。ルクレール、戦略失敗でラストアタックに間に合わず

2019/12/1(日) 13:59配信

オートスポーツweb

 2019年F1アブダビGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは4番手(1分35秒219)だった。バルテリ・ボッタスのペナルティにより3番グリッドに繰り上がり、決勝はミディアムタイヤでスタートする。

2019年F1第21戦アブダビGP ピットアウトするシャルル・ルクレール(フェラーリ)

 Q3最後のアタックのためセッション終了ぎりぎりにコースインしたルクレールは、アウトラップでトラフィックに遭い、チェッカーフラッグが振られる前にラインを越えることができず、2回目のアタックラップを走れずに終わった。

 フェラーリはこれについて、路面がベストなコンディションの時に走らせるため、終了間際まで待って2台をコースインさせたが、セバスチャン・ベッテルも、その後ろを走るルクレールも、前の集団がペースを落としたことで、アウトラップがうまくいかなかったと説明している。

 チーム代表マッティア・ビノットは、メルセデスに対してペースが足りないことが分かっていたために、リスクを取らざるを得なかったと語った。
「週末を通してセクター3で速さが不足していたため、予選で何かをする必要があると考えていた。Q3最初のランではポールに遠くおよばなかったため、コースコンディションが改善する最後の最後に出ていくことに決めた。タイトであることは分かっており、リスクを冒していることも自覚していた。だが、我々はリスクを冒す必要があった。残念ながらトラフィックに遭い、うまくいかなかった」

 ルクレールは現在ランキング4位で、3位のレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとは11点差。フェルスタッペンは2番グリッドからスタートする。

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 予選=4番手
 厳しい予選だった。4番手タイムを出した最初の走行ではいいアタックラップを走れた。でも、いつだって改善の余地はあるものだ。最後のアタックに間に合うよう戻れなかったのは残念だ。今日はポールには届かなかっただろうが、4番手よりもいい結果を出せるチャンスはあったと信じている。でも、時にはこういうこともある。

 レースに向けて、主に最終セクターでの走りを改善するための対策が必要だ。パフォーマンスが一番不足していたのはこのセクターだからね

 1年の最後のレースであり、チャンピオンシップ3位を取り戻す最後のチャンスだ。簡単ではないだろうが全力を尽くす。3位をかけて戦うためには、スタートでリスクを負わなければならない。何ができるかに目を向けていこう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/1(日) 14:00
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事