ここから本文です

FIA-F2第12戦アブダビ レース2:7位フィニッシュの松下信治はランキング6位で終幕。優勝のギオットは4勝目

2019/12/1(日) 19:33配信

オートスポーツweb

 12月1日、2019年FIA-F2の最終戦となる第12戦アブダビのスプリントレース(決勝レース2)が開催され、ルカ・ギオット(ユニヴィルトゥオーシ)が優勝し今シーズン4勝目。日本の松下信治(カーリン)は7位、佐藤万璃音(カンポス)は16位だった。

ランキング6位でシーズンを終えた松下信治(カーリン)

 リバースグリッドによりポールスタートはジュリアーノ・アレジ(トライデント)、2番手にニコラス・ラティフィ(ダムス)。レース1で今シーズン5度目の表彰台となる2位を獲得した松下は7番手から、佐藤は18番手から前を追う。

 22周で行われる決勝レース2はタイヤ交換義務はなし。快晴の下、気温は27.3度、路面温度39.3度のドライコンディションで、現地時間の18:30に2019年シーズン最後の戦いの火蓋が切って落とされた。

 アレジがホールショットを奪い、3番手スタートのギオットがラティフィを抜いて2番手に。松下は2つ順位を上げ5番手へ浮上。レース1よりも10度以上高い路面温度の中でレースを完走すべく、各車タイヤをいたわりながらのレース展開となっていく。

 首位アレジを0.564秒差で2番手ギオットが追い、後続との差を徐々に広げ、8周目には3番手のラティフィと2.6秒の差に拡大。ペースに勝るギオットはストレートでDRSを使いアレジをパスしてトップに立った。

 9周目、レース1勝者のセッテ・カマラがルイ・デレトラズ(カーリン)を抜いて松下の1.653秒後ろの6番手に。その前方ではラティフィがストレートエンドでアレジを料理、2番手につける。

 アレジはタイヤが厳しいのか他車よりも1周あたり1.5秒ほどペースが遅く、11周目にはカラム・アイロット(ザウバー・ジュニアチーム)にもパスされてしまう。またレース1でマシントラブルによりリタイアしたアーテム・マルケロフ(BWTアーデン)がまたもトラブルで戦線離脱となってしまった。

 ハイペースで追い上げるセッテ・カマラは13周目にDRSを使い松下を交わして5番手に浮上。ひとりペースが上がらない松下は7番手デレトラズにも迫られてしまう。

 レースも終盤戦が見え始めた18周目、ショーン・ゲラエル(プレマ・レーシング)がギヤボックストラブルによりストレート脇にマシンをストップ。このためVSC(バーチャル・セーフティカー)が入る。

 VSCは1周後に解除されるもマチボス・イサーキャン(ザウバー・ジュニアチーム)がニキータ・マゼピン(ART)に接触されランオフエリアにストップ。ふたたびVSCが導入された。

 レースは21周目から、ギオットを先頭に、ラティフィ、アイロット、セッテ・カマラの順にリスタート。前と僅差に迫っていたセッテ・カマラがDRSを使い3番手に浮上。また後方では松下がデレトラズに先行を許し7番手にダウン。

 このままチェッカーが振られギオットが前戦ロシアのレース2以来、今シーズン4勝目を上げた。2位にラティフィ、3位にセッテ・カマラ。松下は7位で最終戦を終えた。


 ドライバーズランキングは第11戦ロシアで戴冠したニック・デ・フリース(ART)。2位にラティフィ、3位はギオット。松下は6位でシーズンを終え、F1参戦に必要なスーパーライセンスポイントを10点獲得する見込みとなった。またチームランキングはラティフィ、セッテ・カマラ擁したダムスが獲得している。

 なお2020年のFIA-F2には今シーズン直下のカテゴリーであるFIA-F3で健闘した角田裕毅の参戦が噂されるほか、同カテゴリーを制したロバート・シュワルツマンらのステップアップが報じられており、20歳前後の若き才能がしのぎを削るシーズンが続く見込みだ。

■FIA-F2第12戦アブダビ 決勝レース2 リザルト
Pos./No./Driver/Team/Time/Gap/Start Pos.
1/8/L.ギオット/ユニ ヴィルトゥオーシ/22Laps/3
2/6/N.ラティフィ/ダムス/7.274/2
3/5/S.セッテ・カマラ/ダムス/10.225/8
4/11/C.アイロット/ザウバー・ジュニアチーム/16.106/4
5/20/G.アレジ/トライデント/17.273/1
6/1/L.デレトラズ/カーリン/19.451/5
7/2/松下信治/カーリン/23.230/7
8/15/J,エイトケン/カンポス/27.075/11
9/9/M.シューマッハー/プレマ・レーシング/28.578/9
10/7/Z.グアンユー/ユニ ヴィルトゥオーシ/29.112/6
11/16/J.キング/MPモータースポーツ/31.532/12
12/21/C.ルンガー/トライデント/37.018/14
13/4/N.デ・フリース/ART/40.436/13
14/18/T.カルデロン/BWTアーデン/43.149/16
15/17/M.ラフーナサン/MPモータースポーツ/52.593/20
16/14/佐藤万璃音/カンポス/59.719/18
17/3/N.マゼピン/ART/+3Lap/10
--/12/M.イサーキャン/ザウバー・ジュニアチーム/DNF/15
--/10/S.ゲラエル/プレマ・レーシング/DNF/17
--/22/A.マルケロフ/BWTアーデン/DNF/19


[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/1(日) 19:33
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事