ここから本文です

萩生田文科相「夏の大会やめろと言ったわけじゃ…」

12/1(日) 13:02配信

日刊スポーツ

清原和博氏(52)、佐々木主浩氏(51)ら元プロ野球選手によるイベント「レジェンド・ベースボールフェス」が1日、東京・ダイワハウススタジアム八王子で開催された。

【写真】萩生田光一大臣のあいさつを聞く佐々木氏と清原氏

ゲスト参加した萩生田光一文部科学大臣(56)は、先日自らが発言した「アスリートファーストの観点で言えば、甲子園での夏の大会は無理だと思う」というコメントについて説明。「私は夏の大会をやめろと言ったわけじゃない。IOCのアスリートファーストの観点からすると無理だと言ったんです。選手も大変だし、応援団も大変。キヨ(清原氏)たちの時代は暑いといっても30度くらいでしょ。今は35度を超えているわけで」とした上で、「球団(阪神)と相談すれば、もう少し緩やかな日程も組める。特に日中、最も気温が上がる時間をオフタイムにするとか、朝1試合を早めにやるとか、夕方からナイターをやるとかいろんな方法がある」と提案した。

高野連が導入を決めた球数制限については「500球のルールについては一定の評価はしますけど、(500球を超えたのは)最近では吉田(輝星)さんとか斎藤佑樹とかマーくん(田中将大)とかぐらいですよね。そこは本質とはちょっと違うんじゃないかな。500球制限にひっかかる選手はそんなにいないでしょ」との考えを示した。

最終更新:12/1(日) 20:57
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事