ここから本文です

佐藤悠基7度立ち止まり15位「初めて吐きそうに」

12/1(日) 18:28配信

日刊スポーツ

<MGCファイナルチャレンジ兼福岡国際マラソン>◇1日◇平和台陸上競技場・香椎折り返し(42・195キロ)

【写真】スタートする福田穣、佐藤悠基ら

2年ぶり出場の佐藤悠基(33=日清食品グループ)は、両足がつった影響で満足に走れず、自己ベストより約6分遅い2時間14分56秒の15位に沈んだ。

「25キロから足がつった」という。35キロ過ぎから「7回止まった」と言い、何度も止まってはまた走りだす動作を繰り返した。「初めてレース中に吐きそうになった」と苦しみながら、なんとかゴールにたどり着いた。

17年に35キロ付近で途中棄権した“鬼門”の福岡国際で再びアクシデントに襲われ、9月のMGCで23位に沈んだリベンジにも失敗した。

最終更新:12/1(日) 21:30
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事