ここから本文です

「PHP-FPM」の脆弱性を狙うアクセスが増加(警察庁)

12/2(月) 8:05配信

ScanNetSecurity

警察庁は11月28日、「PHP-FPMの脆弱性(CVE-2019-11043)を標的としたアクセスの観測等について」とする注意喚起を「@police」において公開した。同庁のインターネット定点観測システムでは、2019年9月27日以降、PHPの稼働状況を確認しているとみられる「phpinfo.php」ファイルに対するアクセスを観測しているという。

他の写真を見る

FPM(Fast Process Manager)はPHPのFastCGI実装のひとつで、主に高負荷のサイトで有用な追加機能を提供する。10月28日、PHP-FPMに存在する脆弱性(CVE-2019-11043)が海外の脆弱性データベースで公表された。この脆弱性は、nginxサーバに実装されたPHPでPHP-FPMが有効になっている場合に、リモートから任意のコードを実行される可能性がある。

同庁が確認したアクセスには、攻撃ツールの被害により任意のコード実行が容易となっているサーバ等を探索する行為や、被害を受けたサーバに対してバックドアを仕掛ける行為などが含まれていた。同庁は利用者に対し、セキュリティパッチの適用などの対策を呼びかけている。

注意喚起にはこのほか、「PostgreSQL 等のデータベースサーバを標的としたアクセスの増加について」も掲載している。観測したアクセス内容を確認したところ、PostgreSQLに対してユーザ名を変更してアクセスを試みる内容であったという。

(吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa ))

最終更新:12/2(月) 8:05
ScanNetSecurity

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事