ここから本文です

ロードスターとアルピーヌ従え…スバル BRZ 謎の開発車両、改良モデルかスペシャル仕様か

2019/12/2(月) 8:00配信

レスポンス

スバル『BRZ』の謎のプロトタイプ車両が、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ周辺に再び出現した。

[関連写真]

アルピーヌ『A110』とマツダ『NDロードスター』を従え現れた開発車両は、トヨタ『86』から流用したと見られるヘッドライト、バンパー、大型エアインテーク、リップスポイラー、さらに水平のリアディフューザーを装備している。

これらの部分が再設計される可能性もあるが、注目はスプリットを備えるフロントフェンダー後部のエアアウトレットだ。ブレーキ強化などが予想され、このプロトタイプが改良新型、あるいは走りに特化したスペシャル版の可能性もあるという情報が入ってきている。

従えるアルピーヌA110は、1.8リットル直列4気ターボが搭載され、最高出力249psを発揮する。一方BRZの現行型パワートレインは、「FA20型」2.0リットルDOHC水平対向4気筒エンジンを搭載し、6速MTでは最高出力207ps、最大トルク211Nmを発揮。走りを強化したスペシャル版の場合、出力&トルクが向上する可能性は高い。A110並みのスペック向上となるか。

BRZ改良新型、あるいはスペシャル版の登場は2020年秋ごろと予想される。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:2019/12/2(月) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事