ここから本文です

フェリシティ&エディ、気球に乗って再タッグ『イントゥ・ザ・スカイ』1月公開へ

2019/12/2(月) 7:00配信

cinemacafe.net

フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインという『博士と彼女のセオリー』の主演コンビが再共演する『THE AERONAUTS』(原題)が、邦題『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』として2020年1月17日(金)より公開決定。19世紀、まだ誰も見たことのない気球での旅を収めた2人の場面写真も解禁となった。

【画像】2人が実際に気球に乗って撮影したというシーンにも注目

舞台は1862年、ヴィクトリア朝時代のロンドン。気象実験のため、気球で前人未到の高度世界記録に決死の覚悟で挑んだコンビの、知られざる実話を描く。

“自由な気球乗り”アメリア(フェリシティ・ジョーンズ)と、“堅物の気象学者”ジェームズ(エディ・レッドメイン)。正反対の性格で対立ばかりの2人は、共に飛行していく中で次第に心を通わせ、共に困難に挑んでいく。しかし、高度が上がるにつれ、予想だにしない出来事が2人を待ち受けていたーー。


いまから約150年前の信じがたい実話を、驚異の映像で映画化した本作。トロント国際映画祭でいち早く上映され、各国のメディアでは「『ゼロ・グラビティ』に続く劇場体感型映画!」(Indie Wire)や、「ここまでフェリシティが身体を張る女優とは。間違いなく彼女の代表作の一本」(The Playlist)などの絶賛評が上がり、注目を集めている。


また、実際のフランス人気球操縦士のエピソードを元にしたという、上空4,000メートルでの蝶との幻想的な出会いのシーンや、フェリシティとエディの“黄金コンビ”が実際に気球で飛んで撮影したという雄大なロンドンを見渡すカット、高度1万メートルの雲の上の世界で、どこまでも広がる空を収めたカットからは、息を飲む映像美とアドベンチャー感を垣間見ることができる。


監督のトム・ハーパーは、まさに劇場体感型エンターテイメントといえる本作について「実際に気球に乗っているような感覚になってもらえるように作った。ぜひ大きなスクリーンで手に汗握る興奮の体験をして欲しい」と語っている。

『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は2020年1月17日(金)より全国にて公開。

最終更新:2019/12/2(月) 7:00
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事