ここから本文です

「同じパターは8本ある」 パター巧者の“鬼”が選ぶ、10年来の1本【勝者のギア】

12/2(月) 12:01配信

ゴルフ情報ALBA.Net

2016年「~全英への道~ミズノオープン」以来のツアー14勝目を飾ったキム・キョンテ(韓国)。アマチュア時代から、その強さゆえに“鬼”とまで呼ばれた男が、今年は苦難の時を送っていた。

シブコと愛がガッチリ握手【写真】

昨年の秋に背中を疲労骨折し、練習も満足に行えない日々が続いた。ようやく痛みが治まったと思ったら、今度は「パターのバックスイングが上がらなくなった」。ツアートップクラスのパター巧者が原因不明の不調。狂いだした歯車はかみ合わず、「パターがよくなったら、ショットが悪くなって、全体的によかったら今度はメンタルが全然だめで、全部うまくいかない」。生まれて初めてメンタルコーチをつけるなどして、ようやく上向きになってきた矢先の優勝だった。

「ショットや飛距離が(若手に)負けていますよね」と、まだ33歳のキョンテも20代の勢いを感じていた。「パターとか、そういうのでうまくならないと」。もともとパター巧者で名をはせたキョンテだが、今回の復活優勝を支えたのは長年愛用するパター。10年以上手にしているのはオデッセイ『ホワイトホット ツアーix #5CS』だ。

「同じパターを8本持っている(笑)。同じパターなんですけど、今年ようやく新しいものに変えたんです」と、同モデルでも手になじむ1本を長年愛用し続けていた。今季はパターを始め不調が続き、一時は長尺パターなど複数のモデルを試合で使ったこともあった

しかし、「どうしてもバックスイングが上がるパターを探していて、でも、結局戻っちゃうんですよね」と同モデルを使い続けている。

今季はパターを始め、スタッツが全体敵に低迷していたが、本大会での平均パット数は1.6604回の単独2位。パーキープ率も98.61%のダントツ1位で、4日間ではボギーがたった一つのみと抜群の安定感だった。

低迷が続いた時期は何度もゴルフをやめることを考えたが、「やるしかないですよね。家に帰ってスコアとかも見ちゃうので、なんでここにいるのってなるし…。だから、やるしかないなと思った」。強い鬼が舞い戻った。

【キム・キョンテの優勝セッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:タイトリスト TS3
(9.5度 グラファイトTP-6X 45インチ)
3W:タイトリスト TS3 15度
2UT:タイトリスト H1 816 19度
3I:タイトリストU500
4、5I:タイトリスト 620CBフォージド
6~9I:タイトリスト 620MBフォージド
W:タイトリスト SM7(48、52度)
タイトリスト ボーケイプロト(60度)
PT:オデッセイ ホワイトホット TOUR ix #5センターシャフト
BALL:タイトリストPRO V1

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:12/2(月) 12:01
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事