ここから本文です

「ゴジラVSコング」は2020年11月全米公開に

12/2(月) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズが製作する「ゴジラVSコング(仮)」が、2020年11月20日に全米公開されることがわかった。本作は20年3月13日に全米公開の予定だったが、8カ月後ろ倒しとなる。

 アダム・ウィンガード監督の「ゴジラVSコング(仮)」は、「GODZILLA ゴジラ」(2014)と「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(19)、そして「キングコング 髑髏島の巨神」(17)がクロスオーバーする作品で、アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、デミアン・ビチル、ブライアン・タイリー・ヘンリー、エイザ・ゴンザレス、カイル・チャンドラー、小栗旬が出演する。ワーナーは今年の夏に公開した「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が批評面も興行面も振るわなかったため、新作には万全を期したい考えのようだ。

 なお、同じく20年11月20日にはクリステン・スチュワートとマッケンジー・デイビスが恋人役で共演する新作ロマンティックコメディ「Happiest Season(原題)」、スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・エンターテインメントのタイトル未定の新作が全米公開予定となっている。

最終更新:12/2(月) 17:05
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事