ここから本文です

マイケル・B・ジョーダン「スーパーマン」でワーナーと話し合い

2019/12/2(月) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] マーベル映画「ブラックパンサー」の俳優マイケル・B・ジョーダンが、米ワーナー・ブラザース製作のDC映画「スーパーマン」に主演するのではないか、という噂が浮上している。

 米バラエティが報じたもので、ワーナーは次の「スーパーマン」についてジョーダンとJ・J・エイブラムス監督と話し合いを持ったという。なお、エイブラムス監督の製作会社バッド・ロボットは今年、ワーナーメディアと超大型ファーストルック契約を結んでいる。

 ジョーダンは、ワーナーの「クリード」シリーズに主演しているつながりがあるものの、「スーパーマン」については先日、「マン・オブ・ スティール」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の俳優ヘンリー・カビルが続投する意思を明かしたばかり。ジョーダンは多数の新作が待機中で、「スーパーマン」はまだ監督も脚本も決まっていないため、オファーされてもすぐ契約に至る可能性は低いのではと見られている。

 ワーナーは「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ジャスティス・リーグ」が不振だったものの、近年「アクアマン」「シャザム!」、そして「ジョーカー」が大ヒットを記録した。また、「バットマン」はロバート・パティンソンを主演に起用し、キャストを一新して製作している。「スーパーマン」もR指定作品にすることを視野にいれて、ファミリー向けのマーベル映画との差別化を図り、立て直したい考えのようだ。

最終更新:2019/12/2(月) 11:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事