ここから本文です

冬本番、青森空港でホワイトインパルス出動式 「誇り持ち除雪」

12/3(火) 7:55配信

産経新聞

 本格的な降雪期を迎え、青森空港で2日、同空港除雪隊「ホワイトインパルス」の出動式が行われた。年間の累計降雪量が10メートルを超えることもある同空港だけに、隊員らは“除雪のプロ”として厳しい冬に挑む決意を新たにしていた。

 ホワイトインパルスは、青森市内の建設会社4社の約120人で組織。隊列を組んで重機で除雪する姿を航空自衛隊の「ブルーインパルス」になぞらえ、平成25年度に命名された。積雪3センチ以上で出動し、東京ドーム12個分の広さ約55万平方メートルの除雪を40分でこなす。同空港管理事務所によると、昨シーズンは219回出動し、今年も既に先月19日から13回除雪に当たった。

 出動式で同事務所の類家正剛(まさたか)所長が「事故のないよう迅速な除雪で安全、安心な空港をPRしていきたい」とあいさつした後、7台の重機がデモンストレーション走行した。福士真人隊長は「空の玄関の安全運航を願って誇りを持って除雪をする」と語った。

最終更新:12/3(火) 7:55
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事