ここから本文です

僕は最低のドライバー……マクラーレンのノリス、最終ラップでペレスに屈しランキング争いでも敗北

2019/12/2(月) 13:02配信

motorsport.com 日本版

 F1最終戦アブダビGPのレース終盤、マクラーレンのランド・ノリスは中団最上位の7番手を走行していた。ソフトタイヤを早々に交換し、ハードタイヤを労わりながら周回を重ねるノリスに対し、フレッシュなハードタイヤを履いてプッシュするセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が迫っていた。

【動画】2019年F1アブダビGP決勝ハイライト

 終盤はノリスとペレスによるドッグファイトに。ノリスはなんとかペレスを抑えていたが、最終ラップの2本目のバックストレートエンドで力尽き、逆転を許して8位に終わった。

 ノリスはレース後、ペレスに対するディフェンスが十分ではなく、「フェアすぎた」と表現した。

「彼はバックストレートエンドのターン11でアウトに回って僕をかわした」とノリスは語った。

「もちろん僕はインサイドに入って防ごうとしたけど、彼は僕よりはるかに状態の良いタイヤを履いていた。僕はロックアップして愚かなことをしてしまいそうで少しナーバスになっていたけど、とにかく(順位を守るのに)十分な力がなかったんだ」

「十分に気持ちを切り替えることができなかった。レースを通してリラックスしていて、慎重にドライブしてタイヤの面倒を見ていた。でもバトルになった瞬間、ドライビングをアグレッシブに変える必要があった」

「そして僕はそれができなかった。『彼はアウトに回るから、ブレーキを離しつつ彼にスペースを与えないようにしないと』と考えたりできなかった」

「僕は最低なドライバーだ。今日僕が倒すべきドライバーは彼(ペレス)だけだったのに、それができなかったんだ」

「だから僕はイライラしている。それ以外は良いレースだったと思うけど、その瞬間で全てが台無しになってしまった」

 というのも、最終戦を迎えた時点でノリスは、45ポイントでドライバーズランキング11番手につけており、46ポイントで10番手につけるペレスを1点差で追っていた。つまり、ノリスは最終ラップでペレスにかわされたことにより、7番手のポジションだけでなく、ランキング10位の座もその手からこぼれ落ちてしまったというわけだ。

 ノリスはさらにこう続けた。

「残り5、6周あたりから彼を抑え込んでいたけど、レーシングポイントのマシンはストレートでものすごく速かった。しかも僕より良い状態のタイヤだったんだ」

「今日僕がしたことのほとんどに満足しているし、それは良いことだと思うけど、たったひとつのミスで全てをダメにしてしまった」

 一方のペレスは、ノリスとのホイール・トゥ・ホイールのバトルを通して、彼の動きを称賛した。

「彼は素晴らしいと思う。まだ若いのに、アグレッシブかつフェアな戦いができる」とペレスは語った。

「彼のようなドライバーと戦うことは素晴らしいことだ。接近していても常にフェアで、接触することは決してないんだ」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:2019/12/2(月) 13:02
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事