ここから本文です

【スーパーGT×DTM特別交流戦】アクセルは左手、ブレーキは右手、シフトチェンジは……アレッサンドロ・ザナルディが両手で操作可能な自身のコックピットを解説

2019/12/2(月) 18:14配信

motorsport.com 日本版

 富士スピードウェイで初開催された『スーパーGT×DTM特別交流戦』にBMW Team RBMから参戦した“不屈の鉄人”アレッサンドロ・ザナルディ。2001年のアクシデントで両脚を失った彼が、両手のみでどのようにマシンを操っているのか? 気になるコックピット内のシステムについて訊いた。

【ハイライト動画】AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT x DTM 特別交流戦 Race 2

 ザナルディは2001年のCART(チャンプカー・ワールド・シリーズ)のレース中に大クラッシュに遭い、両脚を失ってしまったが、懸命なリハビリの末、事故から約1年半後には義足をつけてレース復帰。その後WTCCに参戦した他、2006年にはF1マシンのテストドライブも行なった。

 また彼はパラリンピックの競技にもなっているハンドサイクルにも力を入れ、2012年のロンドン大会、2016年のリオデジャネイロ大会では金メダルを獲得。人々はいつしか彼を、“不屈の鉄人”と呼ぶようになった。

 そんなザナルディが、11月23日~24日に行なわれた『スーパーGT×DTM特別交流戦』にBMW Team RBMから参戦。普段はDTMにレギュラー参戦している訳ではないのだが、2020年に控えた東京パラリンピックのハンドサイクル競技コースの下見も兼ねて、初開催となるドリームレースのメンバーとして来日したのだ。

 以前は義足をつけて、通常のドライバーと同じような操作方法でレーシングカーをドライブしていたザナルディだが、BMWは彼のために両手だけで全操作が可能なコックピットシステムを開発。昨年のDTMミサノ戦に彼がゲスト参戦した際に初導入した。今回彼が乗った#4 BMW M4 DTMにも組み込まれ、ザナルディは義足をつけずにマシンに乗り込み、DTMマシンをドライブした。

 では、実際にどのようにしてアクセルやブレーキ、さらにシフトチェンジといった操作をしているのか? レースウィーク中にザナルディ本人に話を訊くことができた。

1/3ページ

最終更新:2019/12/2(月) 18:14
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事