ここから本文です

竹島付近でのヘリ墜落事故、行方不明者の家族“涙の決断=捜索終了へ

12/2(月) 17:13配信

WoW!Korea

竹島(韓国名:独島)海域に墜落した韓国消防庁中央119救助本部所属消防ヘリコプターの行方不明者の捜索が、来る8日に終了すると暫定的に結論づけた。

 これまでヘリ搭乗者7人中4人の遺体のみ発見され、3人の行方不明者を見つけられずにいたが、政府と被害者家族が協議を経て、合同葬儀日程などの枠組みを決めたと伝えられた。

 2日、事故被害者家族と独島消防ヘリ墜落事故汎政府現場収拾支援団によると、事故発生39日目となる来る8日に終了する予定だ。

 当初、支援団は「行方不明者全員を密得るまで捜索を中断しない」という方針だったが、被害者家族など協議した末に、捜索中断時期を決めたという。

 特に、まだ発見されていない3人の行方不明者の家族らは、犠牲者の葬儀のため、捜索中断決定に意を共にしたという。

最終更新:12/2(月) 17:45
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事