ここから本文です

牛の発情や病気をAIが検知 NTTテクノクロスら、デンマークで実証実験

2019/12/2(月) 14:56配信

ITmedia NEWS

 農業向けIoT事業を行うデザミスとNTTテクノクロスは12月2日、デンマークの農業研究機関「SEGES」(セゲス)と共同で、牛の行動モニタリングシステム「U-motion」の実証実験を始めると発表した。期間は2019年12月から20年9月まで。デンマークの農場管理をサポートし、より効率的かつ競争力のある農業生産を目指すという。

牛の首に装着したセンサーで行動データを収集(画像)

 U-motionは、牛の首に装着した専用センサーで歩行、飲食、牛の発情や病気の兆候などをリアルタイムでモニタリングするIoTシステム。クラウド上に蓄積したデータをAIで解析し、牛の健康状態を管理している。今回の実験で、発情の兆候などを知らせるアラート機能が、農業技術の審査や導入支援に関するプログラム「Farm Test」の基準を満たすものかどうかを検証する。デンマーク国内の牛舎や牧場3カ所で、約600頭の牛を対象に実施する。

 デザミスとNTTテクノクロスは、今回の実証実験の結果を基に、U-motionの海外事業展開を順次進めていくという。

ITmedia NEWS

最終更新:2019/12/2(月) 14:56
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事