ここから本文です

宮迫博之、約2カ月ぶりにツイート「生きてるだけで丸儲け」さんま特番にしみじみ

12/2(月) 12:01配信

デイリースポーツ

 闇営業問題で活動自粛中の雨上がり決死隊の宮迫博之が1日、ツイッターを更新。同日に日本テレビ系で放送された「誰も知らない明石家さんま」で放送されたドラマ「さんまが泣いた日」を見たようで「生きてるだけで丸儲け。素敵な番組をありがとうございました」と反応した。

【写真】囲む会を終え引き揚げる蛍原徹 涙あり笑いあり…

 「さんまが泣いた日」はピースの又吉直樹が脚本を担当し、さんま役に成田凌、師匠の笑福亭松之助役に小日向文世で、さんまが入門してから、師匠が亡くなるまでを描いた作品。芸人を辞め一度逃げたさんまが再び戻り、もう一度弟子入りを懇願する際に、師匠は何も言わずさんまをラーメン店に連れて行き、「裸で生まれてきて、服一枚着てたら勝ちなんだ。オムツでもしてたら人生は勝ち」と言われたさんまは、その言葉を自分なりに表現。それが「人間、生きてるだけで丸儲け」だった。

 宮迫はこの番組を見ていたようで、10月7日以来、自分の言葉を投稿。「生きてるだけで丸儲け。素敵な番組ありがとうございました」とつぶやいた。

 さんまは11月に都内で宮迫を激励するパーティー「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに。そして白紙に戻った男を囲む会」を開催するなど、宮迫を気に掛けている。

最終更新:12/2(月) 12:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事