ここから本文です

東京23区内で家賃が安い駅トップ20、最も多く入った区は?

12/2(月) 15:35配信

ITmedia ビジネスオンライン

 東京23区内で家賃相場が安い駅はどこなのか。不動産ポータルサイト「SUUMO」を運営するリクルート住まいカンパニーが、駅から徒歩15分以内のワンルーム、1K、1DKの物件を調査したところ、1位はJR京葉線の葛西臨海公園駅(江戸川区)だった。18年のランキングでも2位に入っており、家賃相場は5万9000円。

1~20位のランキング一覧(2019年版)

 2位は京成金町線の京成金町駅(葛飾区)とJR常磐線の金町駅(葛飾区)の6万円、4位は東京メトロ千代田線の北綾瀬駅(足立区)と都営新宿線の篠崎駅(江戸川区)の6万2000円だった。

 その後、都営新宿線の一之江駅(江戸川区)、京成押上線の京成立石駅(葛飾区)、京成本線の堀切菖蒲園駅(葛飾区)、京成金町駅の柴又駅(葛飾区)、東武伊勢崎線の竹ノ塚駅(足立区)、都営新宿線の船堀駅(江戸川区)が6万3000円で6位に並ぶ。

 18年は足立区の駅が多かったのに対し、19年は葛飾区の駅が多数ランクイン。京成金町駅と金町駅が同率4位から同率2位に順位を上げ、堀切菖蒲園駅も11位から6位にアップ。18年はランク外だった京成立石駅(6位)や亀有駅(13位)も20位以内に入っている。リクルート住まいカンパニーは「単身者が手頃に借りられる街として、今年の注目は葛飾区のようだ」とコメントしている。

 調査は2019年5~7月に実施。「SUUMO」に掲載されている賃貸物件のうち、駅から徒歩15分以内にある物件の管理費を含む月額賃料から、中央値を算出した。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:12/2(月) 16:00
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事