ここから本文です

りんごちゃん“失恋”「サイレント・イブ」聴き号泣…一目惚れの相手に

2019/12/2(月) 13:08配信

デイリースポーツ

 ものまねタレントのりんごちゃん(年齢未公表)が2日、都内で行われた映画「ラスト・クリスマス」(6日公開)の公開前イベントに登場し、昨年のクリスマス直前に“失恋”したと告白した。

【写真】催眠術にかかり踊り出したりんごちゃん スカート危うし

 りんごちゃんは昨年11月末、バーの店員に一目ぼれ。「初めてお話しするんですけど、バーに遊びに行って、すっとその人が入って来たんです。この人とは自然でいられる」と打ち明けた。好みの竹内涼真とは真逆なタイプだったが、「女の人って好きになった時から、(相手は)イケメンじゃないですか」と20日間通い続けてたが、12月22日に「すっと冷めて。他のお客さんとも楽しくしているし、何か違うかも」と思い、勝手に“失恋”したという。

 りんごちゃんは帰りのタクシーの中で辛島美登里の「サイレント・イブ」をヘッドホンで聴き、号泣しながら家にたどり着いたという。「まあ、恋も始まっていなかったし、『好きだ』とも言ってません。勝手に恋して、勝手に終わらせたんですけどね」と自身を納得させるように振り返った。

 映画は英国のデュオ「ワム!」の大ヒット曲「ラスト・クリスマス」をモチーフにしたラブ・ストーリー。りんごちゃんは同曲のものまねを初披露したが、武田鉄矢、大友康平に加え、マツコ・デラックスが降臨。「今年は特別な1年でした。初めての経験を毎日できました。来年も新しいりんごを見てもらえるよう、いろいろ挑戦します」と誓った。

最終更新:2019/12/2(月) 13:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事