ここから本文です

保留選手名簿公示 自由契約は阪神・鳥谷&ジョンソン、バレンティン、松坂ら

12/2(月) 17:14配信

デイリースポーツ

 プロ野球の各球団が来季も契約する権利を持つ保留選手名簿と、名簿から外れた自由契約選手が2日、公示された。

【写真】若い!かわいい!早大時代のおちゃめな鳥谷

 自由契約選手には今季も活躍した選手が多く含まれた。阪神からは通算2085安打の鳥谷敬内野手、今季58試合に登板して防御率1・38だったピアース・ジョンソン投手、同じく阪神で通算208試合に登板しているラファエル・ドリスも自由契約となった。

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手はNPB通算288本塁打の大砲。FA権を取得し、日本人扱いとなる来季はソフトバンクへの移籍も浮上している。

 中日では西武入りが有力視される松坂大輔投手、快速左腕のジョエリー・ロドリゲス投手も保留選手名簿を外れた。ロドリゲスは今季64試合に登板して防御率1・64。退団が濃厚で、大リーグへの移籍が有力視されている。

 巨人からアレックス・ゲレーロ外野手とクリスチャン・ビヤヌエバ内野手、オリックスのステファン・ロメロ外野手、ロッテのマイク・ボルシンガー投手も自由契約となった。

 また、ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す巨人・山口、DeNA・筒香、広島・菊池涼は保留選手名簿に記載された。

最終更新:12/2(月) 17:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事