ここから本文です

ヤクルト ドラ1・奥川ら新人6選手が神宮球場を視察「立派な球場だなと」

2019/12/2(月) 21:08配信

デイリースポーツ

 ヤクルトの新入団6選手が2日、本拠地の神宮球場を見学した。

 ドラフト1位の奥川恭伸投手=星稜=は、昨秋の明治神宮大会で登板。今年8月にもU-18ワールドカップに出場した高校日本代表の壮行試合でベンチ入りした。「立派な球場だなと思った。ここで投げられるように頑張りたい」と感想を話した。同5位の長岡秀樹内野手=八千代松陰=は「早くユニホームを着てプレーしたい」と目を輝かせた。

【写真】なかなかの再現度 奥川が佐々木のフォームをコピー

 6選手はグッズショップも訪問。クラブハウスでは身体測定も行った。3日には東京都内で新入団選手発表会に臨む。

最終更新:2019/12/2(月) 21:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事