ここから本文です

よ~く見て、ニセモノはどれ? 超絶“立体リアル刺繍”が「まるで間違い探し」

2019/12/2(月) 8:30配信

オリコン

 刺繍といえば、布にあしらわれた花々や草木など、乙女でメルヘンなイメージが先行するが、そんな概念を覆す「立体リアル刺繍」がある。一見すると、まるで本物。そんなトリックアートのような作品を手掛けるのは、女性クリエイター・yacmii(ヤクミィ)さん。作品作りの根底に「ニヤニヤ、ザワザワさせたい」という想いがあると話す刺繍家に、制作のこだわりと今後の展望を聞いた。

【写真】ししゃもにカップヌードル、目玉焼き…2度見せずにいられない”立体リアル刺繍”傑作集

■「あれ?そうきたのか!」と、ニヤニヤ&ザワザワさせたい

――見れば見るほど不思議な「立体刺繍」ですが、「立体」の仕掛けはどのようになっているんでしょうか。

【yacmii】 基本的な作り方は「ひたすら縫う」でしょうか…。全ての製作過程は申し上げられないのですが、私の刺繍は針が折れてしまうほどにカチカチに縫い固めてあることが多く、机に張ったゴム板に押し付けるように作業することもあります。織生地のように固く縫い上げることで自立する刺繍が完成します。

――根気とパワーがいるアートなんですね。yacmii作品は、食器や菓子の包装など本物の小物と「刺繍作品」を組み合わせたトリックアートのような撮影方法もユニークです。

【yacmii】 「刺繍だ」とわかりにくく、それでいてわかりやすい…そんな写真が面白いと思っているので、「隠れてるつもりかもしれないけど、バレてるよ!」という、頭隠してお尻が隠しきれていない感じを意識しています。

――確かに(笑)!見た瞬間「おや?」っと違和感を感じて、良く見ると刺繍と分かる。その絶妙なバランスに「クスっ」とさせられます。刺繍の題材も「鮭の皮」「茄子のヘタ」など、ヒネリが効いてますよね。

【yacmii】 鮭の皮、茄子のヘタ…マニアックなところに目を留めていただけて嬉しいです(笑)。本物のようだけど本物にはなれない(食べられたり匂いがするわけではない)ものなので、糸らしさも残したまま絶妙にリアルを表現するのに適したモチーフにこだわっています。

――yacmii作品は、これまでにない「立体」という手法に題材、撮影方法に至るまで独創性にあふれていますが、ご自身ではどんな部分が作品の特徴だと思いますか。

【yacmii】 私らしい作品は少しクセが強いところかなぁと思います。「あれ?そうきたのか!」と見てくださる方をニヤニヤザワザワさせられたら成功だなぁと思っています。もっとキャッチーな作品を作ることができたら幅も広がるのかもしれませんが、ニクイ、マニア受けの部分に切り込んでいることこそ私らしいように思います。

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 18:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ