ここから本文です

スペシャルサポーターに栗原恵さん バーチャル春高バレー

12/2(月) 16:21配信

サンケイスポーツ

 「春の高校バレー」の愛称で知られるバレーボールの全日本高校選手権を主催、放映するフジテレビは2日、運動通信社と運営する総合情報サービス「バーチャル春高バレー」のスペシャルサポーターに、元日本代表エースの栗原恵さん(35)が就任したと発表した。

 春高バレーの本大会、地区代表決定戦などの動画を配信する「バーチャル春高バレー」は、第72回大会の今回がサービス開始2年目。栗原さんはすでに地区代表決定戦で取材を重ねており、こうした際や全国の強豪校を訪問した際の動画をスペシャルコンテンツとして配信するほか、来年1月5日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する本大会でも現地で取材を進める。

 栗原さんは「現役時代からずっと、どんな形でもいいからバレーボールに恩返しがしたいと考えていました。今年6月に現役を引退しましたが、私のバレーボール人生は、春高バレーからスタートしたと思っています。その舞台に『バーチャル春高バレースペシャルサポーター』として戻ってこられることは本当に幸せです。1人でも多くの方に春高バレーの魅力や高校生の熱き思いを伝えられるように頑張ります」とコメントしている。

 「バーチャル春高バレー」は昨年11月、運動通信社が運営するサイト「SPORTS BULL」内でサービスを開始。今年1月の第71回大会で準決勝、決勝を除く96試合を無料でライブ配信したほか、本大会全102試合と地区代表決定戦106試合をアーカイブで配信。日本代表選手の高校時代の映像など、フジテレビならではのスペシャルコンテンツも用意している。

 2年目の今年度も、11月24日まで全国で行われた地区代表決定戦を、一部地区を除いて生配信。12月1日の組み合わせ抽選会も生放映したほか、産経新聞、サンケイスポーツなどの関連記事をいつでも読めるようになっている。第72回大会本大会でも、第71回大会同様に準々決勝までの96試合はライブ配信。全試合をアーカイブで完全放送するほか、ハイライト動画も配信する。

 本大会は来年1月5日に開幕し、7日までに準々決勝までを実施。準決勝、決勝は11、12日に1面の特設コートで行われる。

最終更新:12/2(月) 16:21
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事