ここから本文です

寒冷前線が通過した九州から北陸 気温下降中

12/2(月) 15:44配信

tenki.jp

寒冷前線が通過した九州から近畿、北陸では冷たい空気に入れ替わっています。金沢市では午前9時台に20.1度まで上がった気温が12度台まで下がっています。

寒冷前線通過し、冷たい空気に

きょう(2日)、低気圧が日本海を進み、寒冷前線が本州付近を通過中です。九州から近畿、北陸は寒冷前線がすでに通過し、南よりの風から西または北よりの風に変わっています。寒冷前線の後面の冷たい空気が流れ込み、どんどん気温が下がっています。

金沢市は午前9時46分に20.1度まで気温が上がりましたが、午後3時には12.2度と5時間ほどで8度近くも下がっています。季節外れの暖かさ一転、急に冷たい空気に入れ替わりました。松江市は午前4時4分に17.6度まであった気温が、日中は11度くらいで経過しています。

また、九州を中心に季節風が強まっています。平均風速10メートルほどの西よりの風が所々で吹いており、風が冷たく感じられます。

明日朝は冷える

今夜は太平洋側にも冷たい空気が流れ込んでくるでしょう。明日(3日)朝の最低気温は今朝より低くなる所が多くなりそうです。最低気温は福岡市は8度、大阪市や名古屋市、金沢市は7度の予想です。広く10度を下回り、冷えるでしょう。気温の変化が大きくなっています。体調を崩さないようにお気をつけ下さい。

日本気象協会 本社 日直主任

最終更新:12/2(月) 15:44
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事