ここから本文です

「東日本大震災」関連倒産が震災発生から105カ月連続で発生するも、11月は3カ月ぶりに前年を下回る

12/2(月) 14:00配信

東京商工リサーチ

11月速報値(11月29日現在)

 2019年11月の「東日本大震災」関連倒産は2件(速報値:11月29日現在)で、前年同月(5件)を3カ月ぶりに下回った。
 震災当月の2011年3月以来、震災関連倒産は105カ月連続で発生、累計件数は1933件(11月29日現在)に達した。ただし、2019年累計(1-11月)は37件(前年同期比11.9%減、前年同期42件)にとどまり、通年では8年連続で前年を下回る可能性が強まっている。
    
11月の倒産事例
 (有)ロイヤルグリーン(TSR企業コード:280329288、法人番号:8050002009135、茨城県)は、ゴルフ練習場「ロイヤルグリーン勝田」のほか、スイミングスクール、フィットネスクラブ、バッティングセンター等の各スポーツ施設の運営を手掛けていた。しかし、各施設とも業績不振だったところに、東日本大震災ではスイミングスクールの建物が損壊し、死亡者が出たことで多額の損害賠償金の支払が発生した模様で、急激な経営悪化を招いた。その後、不動産の大半が差押や競売を経て第三者に所有権が移り、当社は休眠状態のまま、10月29日、水戸地裁より破産開始決定を受けた。

 都道府県別で、最も多かったのは東京の569件。次いで、宮城182件、北海道85件、岩手82件、福島80件、神奈川79件、茨城78件、千葉76件、福岡71件、栃木と群馬が各61件、静岡50件、山形48件、埼玉と大阪が各46件と続く。東北6県の倒産件数は449件(構成比23.2%)だった。
 産業別では、最も多かったのが宿泊業や飲食業などを含むサービス業他の512件(構成比26.4%)。次いで、製造業449件(同23.2%)、卸売業353件(同18.2%)、建設業224件(同11.5
%)、小売業184件(同9.5%)、運輸業79件、情報通信業64件と続く。
 被害型で分類すると、「間接型」1717件(構成比88.8%)に対して、「直接型」が216件(同11.1%)だった。

最終更新:12/2(月) 14:00
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい