ここから本文です

【ラグビー】豪代表のディフェンス鍛えたグレイ、サンウルブズのテクニカルディレクター就任。

2019/12/2(月) 14:27配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 ディフェンスのスペシャリストとして、ワラターズの2014年スーパーラグビー初優勝に貢献し、オーストラリア代表のワールドカップ2015準優勝にも大きく関わってきたネイサン・グレイ氏(44歳)が、2020年のスーパーラグビーに挑む日本チームのサンウルブズにテクニカルディレクターとして加わることが決まった。12月2日、サンウルブズを運営するジャパンエスアールが発表した。

 選手時代、主にセンターとして活躍したグレイ氏は、オーストラリア代表として35キャップを獲得し、1999年のワールドカップ優勝メンバーでもある。ワラターズのOBでスーパーラグビーは94試合出場経験があり、九州電力でもプレーしたことがある。

 九州電力在籍時からコーチングをはじめ、レベルズでも指導者としてのキャリアを重ね、ワラターズのアシスタントコーチ2季目だった2014年には堅守を築いてスーパーラグビー初優勝に貢献。同年からオーストラリア代表のコーチングスタッフにも加わり、ワールドカップ2019日本大会まで重責を務めてきた。

 大久保直弥ヘッドコーチが率いる新体制となるサンウルブズでは、ディフェンスを中心にコーチングを担当する。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ