ここから本文です

“隠れビッチ”反対派!小関裕太の恋愛観に佐久間由衣「少数派かも」

2019/12/2(月) 10:38配信

AbemaTIMES

 3年間で振った男の数は600人。モテることが趣味の“隠れビッチ”が本当のしあわせを求め葛藤し成長していく姿を描く映画『“隠れビッチ”やってました。』が12月6日(金)より全国公開する。原作はあらいぴろよの同名コミックエッセイで、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督がメガホンをとる。

 今回、AbemaTIMESは、清純派に擬態し男心をもてあそぶ“隠れビッチ”の主人公・ひろみを演じた女優・佐久間由衣と、ひろみが本気で恋に落ちてしまう美容師志望の安藤剛を演じた小関裕太にインタビュー。苦労したという役作り、そして“隠れビッチ”に対する思いとは。

佐久間由衣、衝撃的なタイトルに動揺「お嫁に行けなくなるかも」

ーータイトルだけ見るとショッキングな作品ですが、オファーが来たときどのように感じましたか?

小関:「え!ビッチ!?」って思いました。佐久間さんは、ごはん中とかでも普通にこの題名を言うんですけど、僕はまだ慣れないです(笑)。

佐久間:ちょっと慣れてしまいました(笑)。「ビッチが~」って普通に話しちゃう。

小関:「ビッチの取材どうだった~?」とかね(笑)。 でもその「ビッチ」には意味があって、世間でよくいう「ビッチ」とは違うので、台本を読んでみて、「あ、こういうのもあるんだ」と気づきました。心の中でいろんな人を弄ぶビッチ。劇中でも「体は意外とピュアなのよ」って言ってましたよね(笑)。

佐久間:そこが大事なんです。

小関:完全にビッチというわけではないという面白さがあります。……でも正直、佐久間由衣ちゃんがそう見えてきました。あの役が強烈で印象に残っているので、仲良くなってもそう見えてきちゃう(笑)。

佐久間:やめて~!(笑)営業妨害だよ!

小関:え!営業妨害!?(笑)ごめんなさい。

佐久間:冗談だよ(笑)でも、わたしも最初は、タイトル名の「ビッチ」というキーワードが強烈で、内容が激しすぎるものなんじゃないかと、お嫁に行けなくなるような内容かな、と思ったんですけど、フタを開けてみたら違う意味でのビッチさでした。こういう女の子もいるんだな、と理解できる部分も多かった。台本を読んで、誰かに好かれたいという気持ちや、コンプレックスによって生まれる行動、彼女の生い立ち、そういった部分を知っていくにつれて、やってみたいという気持ちになりました。一人の女の子の成長物語になればと思いました。
この物語の中で、あらゆるジャンルの男性の方に出演して頂いて。もったいない!と思う男性も、ひろみがバサバサ切り捨てていくので、演じていて贅沢で楽しかったです。その中でも小関さんが演じた安藤くんとの時間は、唯一本当に楽しかった時間。ひろみにとって、本当の意味で豊かさを感じれた時間だったのだと思います。

小関:安藤くんは「自然体系」と名付けられたキャラだったんですけど、結論、〇〇系にハマらないからこそ、ひろみからすれば初めて出会うタイプの人間で、知りたくなって、でもわからなくて興味がそそられたんでしょうね。本人は何も考えてないんですけど、勝手に答えを探してしまう。

佐久間:小関さんの演じた安藤くんは謎は多かったと思います。素直そうに見えて。小関さんの言うように、そこが安藤くんの魅力なんでしょうね。

1/4ページ

最終更新:2019/12/2(月) 10:38
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事