ここから本文です

浜松市で父親と共謀して置き石をしたなどととされる中1の長男 少年院送致へ

12/2(月) 19:59配信

静岡朝日テレビ

父親と共謀して置き石したなどとして、静岡家庭裁判所に送致されていた中学1年の少年が、少年院に送られることになりました。

この少年は7月、40代の父親と共謀し、浜松市の路上にコンクリートブロックを置いたり、農機具小屋に火をつけたりしたとされています。

父親は、これらの事件で逮捕・起訴されました。

また、先月には家族で万引きをしたとして、少年の両親が逮捕されています。

警察は少年が、どの事件も両親に指示されて実行役を務めたとみています。

9月下旬に警察から補導された少年は、児童相談所に通告されその後、静岡家庭裁判所に送致されました。

そして、家裁は先月30日までに少年院へ送ることを決めました。

最終更新:12/2(月) 19:59
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事