ここから本文です

話題の「定額制ランチ」お得? 月6578円、記者が利用してみた

12/2(月) 10:45配信

西日本新聞

 月額の定額制で加盟店のランチが毎日食べられるサービス「オールウェイズランチ」が今年10月、福岡市・天神や博多エリアに登場し、注目を浴びている。これまで利用料金月額5478円(12月からは6578円)で、加盟店のメニューが楽しめ、昼食代の節約にもなるため利用者が増加中だとか。話題の「定額制ランチ」を利用登録して使ってみた。

【写真】オールウェイズランチのウェブページ

 平日の正午すぎ。加盟店の一つ福岡市中央区の飲食店「うちのごはん」に入った。ランチメニューは800円の日替わりカレー。店員に「オールウェイズで」と伝え、スマートフォーンに専用ウェブページのパス(定期券)を表示させてタッチすれば会計終了。食べている間にも、利用者が次々に来店していた。

 この店では、通常のランチと同じメニューで大盛りも可能。定額制の利用客は1日20人程度、多い日で約40人だという。店主の内野太洋さん(43)は「安定した集客や店のPRにつながる」とほくほく顔だ。

 別の日に行った担々麺専門店では920円の特製担々麺が注文でき、アジフライなどの専用定食メニューがある居酒屋もあった。

     ◆   ◆

 オールウェイズを展開するのは、大分市のITベンチャー「イジゲン」。10月に福岡市と京都市でサービスを始め、11月に大阪市、12月に東京・渋谷へ進出。福岡市内では29日現在、中央区、博多区などの30店が加盟。利用者は、1日1回ランチを食べることができる。

 魅力は何と言っても「お得感」。値段を気にせずにいろんなランチを楽しめる。ただし、利用回数が少なくても料金は同じ。各店で対象メニューや利用時間も決められており、ピーク時を外した午後1時以降などに設定する店もある。加盟店やメニューを下調べしておくことが重要だ。

 当初月額5478円だった料金は、利用状況が想定以上だったため、12月から1100円値上げされる。今後も状況によっては料金改定があるという。

     ◆   ◆

 この制度、どこまで広がるのだろうか。

 店舗が加盟する際の登録料やシステム利用料は無料で、店側にはイジゲンから一食当たりの契約金額が提供数に応じて支払われる。契約金額は、通常のランチ料金より割安だが、新規客の開拓や常連客の確保、閑散時間帯の集客につながり、加盟店は順次増えているという。

 イジゲンの担当者は「店舗が増え、利便性が高まれば、加盟店への誘客も増やせる。利用者と加盟店の双方が満足いくサービスにしていきたい」と話している。

 (黒石規之)

西日本新聞社

最終更新:12/2(月) 18:05
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事