ここから本文です

西武岡田「森を脅かす存在に」長期離脱も微増更改

2019/12/2(月) 14:01配信

西日本スポーツ

 ◆西武契約更改交渉(2日)

 岡田雅利捕手(30)が、埼玉県所沢市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、130万円アップの年俸3000万円でサインした。今季は8月4日のオリックス戦(京セラドーム大阪)の守備時に負傷し、左手親指と左膝の手術を受け、36試合の出場にとどまった。「森が成長したのも岡田のおかげと言ってもらえてうれしいけど、けがで離脱したのが申し訳ない。(自分が)いなくなってチームが強くなっちゃったので、来年は自分がいて強くなれるようにしっかりやりたい」と話した。

【写真】「第3捕手」の岡田がいい仕事

 大阪桐蔭高の後輩でもある森はリーグMVPを獲得するまで成長した。「キャッチャーとして負けない気持ちもあったけど、テレビで見ていて一回りも二回りも(成長して)置いていかれたと思ってしまった。森を脅かす存在になれたら」と決意。来季は背番号を「2」に変更し、心機一転で臨む。「1桁はみんなが憧れる番号。爪痕か足跡か何かしら残していけたら」と誓った。(金額は推定)

西日本スポーツ

最終更新:2019/12/2(月) 14:30
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事