ここから本文です

MLSで活躍中のアルゼンチン人MF、ヨーロッパ移籍が近づく

2019/12/2(月) 17:32配信

SPORT.es

これから冬の移籍市場に関する噂が広まり始めるが、ポルトガル紙『Record』によると、アルゼンチン人MFエスキエル・バルコはヨーロッパの強豪クラブの獲得リストに入っているようだ。

モウリーニョ、ソン・フンミンをいじめる!?

バルコは2016年にインデペンディエンテでデビュー。2018年に加入したMLSのアトランタ・ユナイテッドでは王者となり、今シーズンはカンファレンスファイナルに進出に貢献した。

弱冠20歳ながらも、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナルといったイングランドの強豪やポルトガルのスポルティングCPといったクラブが彼の獲得に関心を示しているようである。

プレミアリーグの2クラブに比べ、スポルティングの方がより出場機会を掴む可能性が高いため、バルコはリスボン行きが最も高いとされている。

『transfermarkt』によると、同選手の市場価格は800万ユーロ(約9億6,500万円)であり、彼の獲得に関心を示す全クラブが手の届く金額となっている。

SPORT.es

最終更新:2019/12/2(月) 17:32
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事