ここから本文です

香川の同僚FWが“FIFA”好きYouTuberの依頼に答える

2019/12/2(月) 18:30配信

SPORT.es

数週間前、人気TVゲームFIFAに焦点を当てたユーチューバー“Dj Mario”は、ゲーム内でレアル・サラゴサの監督に就任したと明かした。

パウリーニョ擁する広州恒大が中国スーパーリーグ2年ぶり8度目の優勝

新たなプロジェクトを発表すべく、“Dj Mario”は、サラゴサの本拠地エスタディオ・デ・ラ・ロマレーダを訪れ、複数のトップチームの選手達と会談した。

“Dj Mario”は、その中の1人のコロンビア人FWルイス・スアレスにある提案をしている。
その提案とは、もしゴールを決めたら、“DJポーズ”をしてほしいと言うものだった。

そして、11月30日に行われたジローナ戦(3-3)でスアレスはそれを実行してみせた。

なお、サラゴサの元日本代表MF香川真司はベンチ入りしたものの、出場はなかった。

スアレスの“DJセレブレーション”が、あるユーザーによってツイートされると、すぐさまネット上で拡散され、5,500近くの“いいね”が付けられた。(※現在このツイートは著作権関係で観覧できない)

“Dj Mario”は、サラゴサのスタジアムで、ラウル・グティ、ジェームズ・イグベケメとも顔を合わせており、彼らもゴールを捧げることを約束している。

最終更新:2019/12/2(月) 18:30
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事