ここから本文です

S・ロベルトがアトレティコ戦を評価 「これがラ・リーガだ」

2019/12/2(月) 21:00配信

SPORT.es

セルジ・ロベルトは、ラ・リーガ・サンタンデール第15節でFCバルセロナのアトレティコ・マドリーに対する重要な勝利を公正な目で評価した。

レアル・マドリーのアラべス戦の勝利後に、バルサは大きな勝利を手にし、再びリーグの首位に返り咲いた。

「これがラ・リーガだ。このような難しいピッチで勝つことがとても重要なんだ」とセルジ・ロベルトは語った。

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの圧巻のプレーやレオ・メッシの素晴らしいゴールがあったにも関わらず、セルジ・ロベルトは今回の勝利について個人に言及しなかった。

「テア・シュテーゲンはゴールラインで2つの決定機を阻止し、メッシは試合を決定づけるゴールを決めたが、勝ち点3を獲得することはチーム全体の仕事だ」

今回の勝利によりバルサはアトレティコに6ポイント差をつけたものの、セルジ・ロベルトはタイトル争いをレアル・マドリーとにだけに限定することを拒んだ。

「まだ多くのリーグ戦が残っている。セビージャは非常に強く、アトレティコは常に上位にいる」

最後に今回のアトレティコとの試合を振り返った。

「開始早々は、ファンの後押しを受け、彼らが圧をかけてくることは分かっていた。 最初の20分間はとても難しくタフだったよ。我々は何度もボールを失ってしまった。けれど、前半にはピケのバーに当たってしまったシュートもあったし、後半には試合をコントロールして、チャンスを作ることができたよ」

SPORT.es

最終更新:2019/12/2(月) 21:00
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事