ここから本文です

週明けは近畿、東海で激しい雨 関東は昼過ぎがピークに

2019/12/2(月) 5:41配信

ウェザーニュース

 週明けの12月2日(月)は低気圧や寒冷前線の通過に伴い広い範囲で雨や雪が降っています。

 寒冷前線が通過中の四国から近畿、東海にかけて局地的に発達した雨雲が見られ、5時30分までの1時間に徳島県日和佐で34.5mm、和歌山県友ヶ島で13.5mmの激しい雨を観測しました。

関東は昼過ぎが雨のピーク 沿岸部は強風も

 前線は次第に東に進んで、昼過ぎには関東付近を通過します。南部の沿岸を中心に発達した雨雲がかかり、1時間に30mmを超えるような激しい雨の降る所がある見込みです。

 また、前線が近づくと南よりの風が強まります。道路冠水や視界の悪化などに注意が必要です。

北海道は雨や湿った雪に

 低気圧が通過する北海道は、暖かな空気が流れ込むため、雨や湿った雪が降り、現在も雪が残っている地域では路面が悪化します。内陸や山沿いは湿った雪による着雪が発生し、倒木や停電などのおそれもあるため、十分にご注意ください。

ウェザーニュース

最終更新:2019/12/2(月) 5:41
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事