ここから本文です

CAに学ぶ!朝の身支度を時短する3つのコツ

12/2(月) 22:05配信

All About

◆CAのメイク時間はたった10分?

どうしてもバタバタしてしまう朝。朝の身支度が手早くかつキレイにできればと願う女性は多いのではないでしょうか。

そんな女性にぜひ参考にしていただきたいのがCA(キャビンアテンダント)。仕事上、ゆっくりと身支度をしている暇なんてないCAは朝の身支度もとっても効率的!

メイクもヘアスタイルもばっちり決まっているからじっくり時間をかけて身支度しているように思われがちなのですが、実際はとても短時間。

「メイクは10分」
「起きてから17分で家を出る」

などの声も続々と。

そんなCAから学ぶ、朝の効率的な身支度のコツ3つと明日から実践できる具体例2つを伝授いたします。

◆CAに学ぶ! 朝の効率的な身支度のコツ3つ
▼1. 徹底的に無駄のない動線

飛行機の長さは70m以上あるものもあります。前から後ろまで何度も物を取りに行っていると、70mを何往復もすることになり、かなりのタイムロスとなってしまいます。

そのためついでにできることはないか、立ち寄る場所はないかなど、無駄のない動線を考える癖がついています。

これが朝の身支度にも活かされています。無駄な動きがあると落ち着かないので、無意識に効率的な動線になっているのです。行ったり来たりしていないか、必要なところに必要なものが置いてあるかなど見直してみると案外たくさん改善点が見つかるはずです。

▼2. 秒単位の時間配分

CAはお客様をお待たせしないようにドリンクやお食事等の準備を最短で行うことが求められています。そのため機内のキッチンは戦争です。慣れるまでは秒単位の行動手順が書かれたメモを各自持ち歩いているほどです。

時間内にやるべきことを秒単位に組み立てる。これは忙しい朝に大活躍です。

何に何分かかっているか、案外把握していないことも多いのではないでしょうか。そこまで重要でないことに案外時間を割いていることもあります。一度流れを分解し時間を計ってみると面白い発見があるはずですよ。

▼3. すきま時間の活用

忙しい時間は集中するものです。機内では離陸後と着陸前に業務が集中します。一方、飛行中はそれほど忙しくない時間もあります。

そこで離着陸時はどうしてもその時にしなければいけない業務だけに集中できるよう、その他のことは事前に準備しておく、後からやるなどしてうまく分散させます。

一日の中でも同じです。朝、晩はどうしても時間に余裕がなくなってしまいがちですが、日中はどうでしょうか。移動中、始業前の5分間、待ち時間などすきま時間はたくさんあるはずです。例えばストレッチやマッサージなどは出先でもできますよね。

朝は必要最低限のことに集中し、前夜にしておけることや日中に回せることはないか一度見直してみてはいかがでしょうか。

では次は早速明日の朝から実践できる具体的な時短美容法を2つご紹介します。

1/2ページ

最終更新:12/2(月) 22:05
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事