ここから本文です

[ニュース分析]「ムン・ヒサン議長案」は強制動員問題の解決法か、軋轢深める悪手か

ハンギョレ新聞 2019/12/2(月) 12:01配信

8月15日「光復(解放)74周年、日帝強制動員問題解決のための市民大会」がソウル広場で開かれた。日帝強制動員被害者のイ・チュンシク氏(日本製鉄・右)とヤン・クムドク氏(三菱)などの参加者が、駐韓日本大使館まで国際平和行進をし日本政府の謝罪を要求している

ハンギョレ新聞社

最終更新:2019/12/2(月) 12:01

ハンギョレ新聞

こんな記事も読まれています