ここから本文です

なぜ日産「セレナ」は迫力フェイスにイメチェンした? 新旧モデルの違いをチェック

2019/12/2(月) 11:10配信

くるまのニュース

日産「セレナ」はマイチェンでどこが変わった?

 日産の人気モデルといえば、ミニバンの「セレナ」です。現行セレナは2016年8月にフルモデルチェンジした5代目モデルで、運転支援技術「プロパイロット」を搭載して人気を博しました。

【画像】あなたの好みはどっち? オラオラ顔になった「セレナ」の新旧モデルを見比べる(42枚)

 2018年3月には電動パワートレインの「e-POWER」を追加し、販売台数が増加。2018年度(2018年4月から2019年3月)に10万17台を販売し、ミニバン売上ナンバー1になりました。

 そんなセレナが2019年8月にマイナーチェンジし、エアロ仕様の「ハイウェイスター」のデザインが大きく変更されています。

 マイチェン前と後では、どこがかわったのでしょうか。セレナ ハイウェイスターの新旧モデルを比較してみます。

 新型セレナ ハイウェイスターの外観は、日産車のデザインに共通する「Vモーショングリル」が「ダブルVモーショングリル」になり、これまで以上に大型化されました。

 グリル内部にはクロームをちりばめ、宝石のようなリッチなグリルパターンとするとともに、バンパーに組み込まれたLEDフォグランプも大きくなり、押し出し感の強いフロントマスクに生まれ変わりました。

 e-POWER搭載車においては、従来型セレナ ハイウェイスターは、グリル内にブルーのガーニッシュが装着されていましたが、マイチェン後はブルーのラインがグリルを囲み、先進的な印象を与えています。

 リアビューの変更はわずかで、ハイウェイスター専用のLEDのコンビネーションランプは、これまで以上に縦長のデザインになりました。

 さらに、アルミホイールのデザインが変更されるとともに、これまでe-POWER搭載車は15インチの設定しかありませんでしたが、16インチも選択できるようになりました。

 ボディカラーは、朝日をイメージした明るい「サンライズオレンジ」と、スポーティな印象の「ダークメタルグレー」の新色2色が追加され、モノトーン9色、2トーン4色の全13色が用意されています。

 セレナのデザイン変更について、日産は次のように説明します。

「セレナがマイナーチェンジでデザインを変更したのは、迫力のあるデザインを要望されるお客さまが多いためです。セレナの販売の7割以上を占めるハイウェイスターをダイナミックなデザインとする一方、標準車は落ち着いたデザインとすることで、モデルごとに差別化を図っています」

1/2ページ

最終更新:2019/12/2(月) 15:58
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事