ここから本文です

ホンダ「シティ」違い? タイで公開されたシティってどんなクルマなのか

2019/12/2(月) 14:55配信

くるまのニュース

イメージしている「シティ」と違う…

 東南アジアのタイにて、ホンダが新型「シティ」を2019年11月25日に世界初公開しました。直後の11月29日から一般公開がはじまった「タイランドモーターエクスポ2019」に展示され、多くの人に注目されています。

【画像】初代「シティ」とタイでお披露目された新型「シティ」を画像でチェック!

 年配のクルマ好きにとって、シティというネーミングは親しみを感じることと思います。そして多くの人は「フィット」のルーツにあたるコンパクトな3ドアハッチバックをイメージすることでしょう。

 しかし、タイで新型が公開されたシティは違います。コンパクトカーというのは共通しますが、ボディタイプは4ドアセダンなのです。

 最大の市場は中国や東南アジア地域ですが、一方で日本とも関連のあるモデルと聞けば驚く人もいるかもしれません。

 セダンのシティは新型で5世代目となりますが、1996年に登場した初代は「シビック(セダン)」をベースに作られました。

 また、2世代目は日本においても初代フィットのセダン版である「フィットアリア」、4世代目は「グレイス」として販売されています。

 本田技研工業株式会社でアジア・大洋州地域本部長を務める五十嵐雅行氏によると「シティは現在世界60か国以上の国と地域で販売され、初代からの累計販売台数は400万台を超えました。ホンダを代表するコンパクトセダンであり、とくにタイでは、2019年の国内販売台数が世界トップを記録する見通しとなっている」といいます。

 じつは、発表された新型は、日本で2020年2月から販売を予定している新型フィットとも関連があります。プラットフォームの構造など基本的な設計を共用しているのです。

 しかしエクステリアデザインを見ると、単にセダン化しただけでなく新型フィットと大きく違うことがわかります。顔つきが違うだけでなくドアパネルの意匠もまったく異なり、新型フィットの特徴のひとつである極細のAピラーを採用していません。

 インテリアも違います。ダッシュボードは全体のレイアウトや空調操作パネルこそ同じですが、意匠は大きく差別化。新型フィットの象徴的なフードのないデジタルメーターではなくフード付きのオーソドックスなアナログメーターとなっています。

 ちなみにパーキングブレーキは、電動式ではなくサイドレバー式でした。

 ホンダの広報部は、「これまでのシティは『フィットのセダン』という印象だったかと思います。しかし新型はこれまでよりも独自性を高めました」といいます。

 そして新型フィットとの違いで大きく注目すべきは、エンジンです。日本仕様の新型フィットはハイブリッド仕様と自然吸気ガソリンエンジンと予想されますが、タイ仕様のシティはなんと1リッター3気筒のターボを搭載。最高出力は122馬力です。

 展示に添えられた「シティターボ」というキャッチも、オジサン世代にはちょっと懐かしい響きですね。

 さらにスポーティグレードである「RS」のラインナップも気になるところ。日本では従来あった「RS」が新型フィットには用意されず、タイのフィットは逆にこれまでなかった「RS」を用意するのが興味深いところです。

「RS」はグロスブラックとハニカム形状を組み合わせた専用のフロント部をはじめ、バンパーの仕立て、リヤスポイラー、グロスブラックのドアミラー、専用の前後ライト、そして16インチタイヤ&ホイールなどが標準車との違いです。

 気になるのは、日本で新型「グレイス」もしくは別の名前でこのシティが投入されるのかということです。新型は世界80か国へ投入する予定があるそうですが、ホンダ広報部によると「現時点では決まっていません」といいます。

 また別の関係者からは「ホンダは日本市場でセダンが多いので、車種を整理する必要がある」という声も聞こえてきます。

 フィットアリアやグレイス同様にタイ生産車として日本へ入ってくる可能性もゼロではありませんが、もしかするとそうはならないかもしれません。

工藤貴宏

最終更新:2019/12/2(月) 15:20
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事