ここから本文です

アウディから「RS Q8」登場! 最上級SUV、Q8の頂点「RS」モデル

2019/12/2(月) 18:10配信

くるまのニュース

600馬力/800Nmの4リッターV8ターボで最高速度はなんと305km/h!

 アウディAGは、クーペSUVの「Q8」のRSモデル、「RS Q8」を発表しました。

アウディのSUV「Qシリーズ」の頂点! 「RS Q8」を画像で見る(24枚)

 このRS Q8は、2020年第1四半期にドイツおよびヨーロッパ諸国で発売される予定で、ベースグレードの価格は12万7000ユーロ(日本円で約1550万円)と発表されています。日本での発売は未定です。

 搭載するエンジンは、4リッターV型8気筒の直噴ツインターボで、最高出力は600馬力、最大トルクは800Nmを発生します。

 トランスミッションは8速ティプトロニック(AT)で、駆動方式はクワトロ(フルタイム4WD)。0-100km/h加速はわずか3.8秒、0-200km/h加速は13.7秒でこなします。最高速度はリミッター作動で250km/hですが、オプションのダイナミックパッケージを選択すると、305km/hまで引き上げられます。

 V8ツインターボエンジンはマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を搭載、パフォーマンスと効率性を兼ね備えています。4ベルト駆動式オルタネータースターターで減速および制動時に最大12kWの電力を回生し、リチウムイオンバッテリーに蓄えます。

 ドライバーが55km/hから160km/hで走行中にアクセルペダルから足を離した場合、走行状況により、エネルギーを回生するか、エンジンを停止して最大40秒間コースティング(惰性走行)するかを選択します。このMHEVテクノロジーにより、22km/h未満の速度でアイドリングストップ機能を作動できるようになり、日常ユースにおいて100km走行あたり最大0.8リッターの燃料を削減します。

 また、このV8エンジンにはシリンダーオンデマンド(COD)が設定されています。エンジンが低中負荷状態の場合、燃料噴射と点火を停止し、吸気と排気バルブを閉じることにより、2番/3番/5番/8番シリンダーを休止します。

 クワトロシステムは、通常走行時は前40:後60の比率で駆動力を分配。スリップが発生すると前70:後30から前15:後85の範囲で自動的にトルクが配分されます。

 標準装備されるオールホイールステアリング(4輪操舵)は、低速域ではリアホイールはフロントとは逆位相に最大5度まで操舵、高速域では同位相に最大1.5度操舵することで、取り回しの良さと車線変更時の安定性向上を両立します。

 アウディドライブセレクトで、RS Q8の走行特性を変えることが可能です。8つのモード(コンフォート/オート/ダイナミック/エフィシェンシー/オールロード/オフロード/個別設定可能なRS専用のRS1/およびRS2)が用意され、このうちRSモードはステアリングホイールにある「RSモード」ボタンを押すことで直接切り替えることができます。

 タイヤは295/40R22。10スポークスターデザインの22インチアルミホイールを標準装備しています。これはアウディの量産モデルに初期設定されるホイールとしては過去最大のサイズです。ちなみにオプションで23インチホイールも用意されています。

※ ※ ※

 ライバルは、ポルシェ「カイエンターボクーペ」やBMW「X7 M50i」などのSUVとなります。

 なお、ハイパフォーマンススポーツモデルのアウディRSシリーズは、現在「RS3スポーツバック/セダン」「RS4アバント」「RS5クーペ/スポーツバック」「RS6アバント」「RS7スポーツバック」「RS Q3/Q3スポーツバック」「TT RSクーペ/ロードスター」と、6モデル11車種に設定され、今回登場したRS Q8で7モデル12車種目となります。

くるまのニュース編集部

最終更新:2019/12/2(月) 18:10
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事